カテゴリ
├ラーメン一般
├ラーメン煮干し特化系
├ラーメン肉特化系
├ラーメン九州
├ラーメン激辛系
├カレー
├うどん
├蕎麦
├スパゲティ
├和洋中
├中華
├エイジャンなど
├その他メシ
├家メシ
├メシメモ
├メシ以外のメモ

├自己紹介
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
最新の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
さぬきのうどんや、うまし。
c0315466_06541001.jpg

c0315466_06541039.jpg

c0315466_06541052.jpg

c0315466_06541013.jpg

c0315466_06541099.jpg

c0315466_07111263.jpg

5年ぶりぐらいに入ったら、どう注文していいのかさっぱりわからず、まごついた。ええと、基本のかけうどんは330円。1.5玉にするとプラス100円、2玉だとプラス200円。ええと、結局「かけうどん330円プラス春菊天80円+さけごはん100円」にしました。「さけごはん」は単に「ごはん」で通じる模様。

異様に大きい春菊天は、特にうまくはない。さけごはんはおいしいけど、しょっぱい。いやしかしねー、この、うどんがうまいしつゆがうまい。驚くようなうまさだとは言わないが、普通にちゃんと美味い。素晴らしいです。以前はもうちょっとうどんに透明感があったような気がするんだけど、誤解ですか。

いや、茹で置きだったんですよ。そして茹で置き感は、微妙に、あった。だけど330円のうどんの茹で置きに文句言うヤツは来ないでくれ、って話ですよ。うまし。顔写真撮影快諾ありがとうございました。

[PR]
# by nobio2013 | 2014-02-07 14:53 | ├うどん |
松屋のデミきのこハンバーグ定食650円
c0315466_18314855.jpg

c0315466_18314804.jpg

いや、僕は松屋はちょっと……なんて抜かすグルメ野郎よりも、松屋の定食をうまそうにワシワシ食って、あーっうまかったごっさん、と満足げに会計するヤツの方が好き(おおーっと、松屋は食券制だぜというツッコミをいただいた。m(_"_)mペコリ)なんですよ、僕は。本来。心の底から。だけどねえ、Facebook がリア充自慢加速装置として機能してしまうのと同様、ランチブログなんてものを始めると、どうしてもグルメっぽくなる。だって店と味についてアレコレを言語化し写真を撮り記録を残すということを毎日習慣化すると結果としてグルメっぽくなっちゃうじゃないですかどうしても。なりたくなくても。以前なら無心で食えたはずのデミきのこハンバーグ定食650円も、記録なんかつけてるせいで、650円あったらティンフックのおいしい鳥カレーや、ひつじやの肉々しいスペアリブが食えるんだぜ、と、はっきり気付いてしまう。比べて、採点してしまう。恐ろしいことだ。たった2ヶ月、ランチブログを書いてるだけなのに。ああ、オレは加速度的に汚れていく。

あとそういえば、黒酢ドレッシングがなくなってたのが非常に残念。これについては松屋に怒っても仕方ない。松屋の黒酢ドレッシングに価値を見出さなかった松屋ユーザーたちのせいで消えたのだろう。悲しい。

松屋 新宿二丁目店牛丼 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-02-06 18:29 | ├洋食 |
富士そばのほうれんそうそば370円
c0315466_18202107.jpg

ヨメと夕食。かけそばが270円でほうれん草のせると370円。満足。いつも思うけど富士そば経堂店は新宿のいくつかの富士そばより、明らかに士気が高い。
[PR]
# by nobio2013 | 2014-02-05 23:57 | ├蕎麦 |
凪の煮干ラーメン750円
c0315466_18054883.jpg

c0315466_18054836.jpg

c0315466_18054873.jpg

c0315466_18054758.jpg

c0315466_18054733.jpg

c0315466_18054704.jpg

c0315466_18054674.jpg

凪との出会いは数年前、ゴールデン街で。ずっとタコだと思ってたらナギだったと言う。超激太ムチムチ麺と、風味も味付けも恐ろしく濃い、黒くてしょっぱくてギトギトなスープの組み合わせに圧倒された。なんだこれはと。こんなラーメンがあるのかと。現在のお気に入りは煮干王西新宿店。以前は食券渡すといちいち、麺の太さと味の濃さと油の量を聞かれたものだが、その後、黙って食券渡すとデフォでは太麺が出てくるようになった。一長一短あるけど、こっちの方が面倒がなくて好き。僕は必ず「細麺で、薄め、少なめ」をお願いします(念のために書くと「細麺・味薄め・アブラ少なめ」の意味)。

煮干ラーメン750円。うまいなあ。伊藤のストイックな感じもすばらしいけど、スープも具も麺も頻繁にモデルチェンジを繰り返すこの店は、ラーメン作りを愉しんでる感じがひしひしと伝わってきてうれしくなる。あまり頻繁に食べると舌がおかしくなるけど、それでもここがベスト・ラーメン・フォー・オレ。

ラーメン凪 煮干王 西新宿店ラーメン / 新宿西口駅西新宿駅西武新宿駅
昼総合点★★★★★ 5.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-02-05 18:08 | ├ラーメン煮干し特化系 |
随園別館の激辛セットA780円
c0315466_17290686.jpg

c0315466_17290600.jpg

c0315466_17290614.jpg

c0315466_17290640.jpg

c0315466_17290677.jpg

かつて新宿1丁目にあった木造2階建ての随園別館は1963年5月創業だそうで、なんだかもう「新宿で中国料理と言えば随園別館」ということになってるような、大有名店だったらしい。ランチにたまに行った。ディナーも行ったことがある。当時、特にうまかったという記憶はない。ただ、つげ義春的な店のたたずまいが素晴らしかった。戦後の匂いがする木造家屋で扇風機にあたりながら食べる冷やし中華とか。現在の場所に鉄筋コンクリートのビルを建てて移転して以来(10年くらい前?)、一度も入ったことがない。ランチブログ開始記念に行ってみた。

頼んだのは「激辛セットA」、内容は麻婆豆腐、八宝菜、食べるラー油ライス、杏仁豆腐のセット、780円。味に全く期待してなかったのがよかったのか、麻婆豆腐が意外にうまいので軽くびっくり、後から来た八宝菜が、野菜がすごく甘くて大びっくり。みなさん八宝菜なんてもの食って、うまさに感動したことありますか。僕は初めてです。大満足。小食なので、ボリューム的には八宝菜とライスだけで充分だった。

随園別館 新宿店北京料理 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-02-04 15:28 | ├中華 |
キッチンたかの、きのこのチーズクリームハンバーグ
c0315466_16532551.jpg

c0315466_16532514.jpg

c0315466_16532536.jpg

c0315466_16532523.jpg

c0315466_16532580.jpg

c0315466_16532563.jpg

初訪。カウンター6席のみの店。マドロスパイプがばっちり似合いそうな、ヒゲとポマードキメキメ(記憶違いだったらすみません)のダンディなご主人がたったひとりで黙々と、フライパンを振るわ振るわ振りまくる。手際がいい。無駄がない。美しい。プロフェッショナル。なんか、アスリートみたい。平日は毎日11:00~20:00通し営業らしいけど、ホール担当の女性(奥さん?)共々、いつトイレに行くのか、いつ昼食をとるのか不思議だ。

頼んだのはきのこのチーズクリームハンバーグ880円。外側がカリッと焼けてプリプリに膨らんで、ナイフもしくは箸を入れた途端にジュワジュワジュワーッと肉汁が溢れ出すハンバーグは、個人的に好きなタイプではなかった(外側が油に塗れた下品なヤツがタイプなんですすみません)けど、そんな私でもなるほどこれはうまいと思って夢中になって食べた。ごちそうさまでした。次は「トマトのビーフ」か「ポークジンジャー」を狙いたいが、いやオムライスも食べたいし・・・

キッチン たかハンバーグ / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-02-03 16:52 | ├その他 |
ひつじやのスペアリブとシシカバブのセット630円
c0315466_16093754.jpg

c0315466_16093750.jpg

c0315466_16093851.jpg

c0315466_16093866.jpg

スペアリブは肉の量にアタリハズレがあるけど、今日のは大当たり。おいしいー。
[PR]
# by nobio2013 | 2014-02-02 15:09 | ├エイジャンなど |
麺屋海神のあら炊き塩ラーメン800円
c0315466_15530499.jpg

c0315466_15530436.jpg

c0315466_15530579.jpg

c0315466_15530473.jpg

ラーメン界で魚介系というと普通は鰹節とか煮干しとかの乾物だけど、ここは毎朝築地でアラを仕入れて出汁を取るという、珍しい「鮮魚系」のスープ。鶏とかも少しは入ってるのかどうか、僕の舌ではわからない。とにかく美しくてため息が出る。知ってる範囲で最もビジュアルがキリリと男前なラーメンは巣鴨の蔦だが、最も別嬪さんなのは海神だ。写真の腕が及ばなくてもどかしい。半分食べた辺りで白胡椒を少し投入。少し食べてまた投入。さらに食べてまた投入。本当に胡椒が合う。どうしてだろう。今度永谷園のお吸い物に胡椒かけて飲んでみよう。頼むとゆず胡椒も出してくれて、これがまたいい。

何度食べてもここの麺は印象に残らない。つまり、麺がうまいなあ、とか特には思わないけど、物足りないとも全く感じない。それが素晴らしい。トッピングは白髪ネギ、ミョウガ、針ショウガ、大葉、糸唐辛子だと書いてある。団子ふたつは、白い方が「細かく叩いた軟骨を練り込んだつみれ」(美味い)、ピンクのは「鱈のすり身に海老を練り込んだつみれ」。通い過ぎて飽きた、という恐怖の体験があるので、今では月1以上は行かないように気を付けています。このスープでお粥かおじや出してくれないかな。ああそれと、レンゲが分厚くて飲みにくい。「どうしてこの味がもっと真似されないのか」と思う店のひとつで、個人的には、星付けるなら5つ以外考えられない。

麺屋海神ラーメン / 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅
昼総合点★★★★★ 5.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-02-01 15:44 | ├ラーメン一般 |
コモードキッチンのカルボナーラ
c0315466_00423732.jpg

c0315466_11270835.jpg

c0315466_11270836.jpg

c0315466_00420164.jpg

c0315466_00422063.jpg

c0315466_00422755.jpg

c0315466_00423491.jpg

c0315466_00421619.jpg

初訪。「女性スタッフさん」と思った方と「いつからやってるんですか」「ここはその前は何て店でしたっけ」的な話をするうちに、この場所の前身は「萬盛園」で、この店は萬盛園の内装の多くをそのままいただいた、床板も、テーブルさえも萬盛園さんのものをそのまま使っている、黒かった天井を白に塗り替えたぐらい、というようなお話を聞いてびっくりして、あんたがオーナーなのか、と聞いたら、店長さんでした。へえー。僕は「店長」なんて重責に付いたことないので、店長さんだと聞いた時点で自動的に尊敬してしまった。

萬盛園を特においしいと思ったことはないけど、萬盛園は外壁が全面ガラスの、お洒落っぽいけどおっさんでも特に緊張しない、すばらしく雰囲気のいい店だった。「コモードキッチン」もその美点を継承していて、お洒落っぽいイタリアンの店だけどぜんぜん緊張しない。素晴らしいですね。

店長さんに「写真撮っていいですか?」と聞いてカメラを向けたら微塵も躊躇なく、いいですよー、とポーズをとってくれた。客商売の鑑だ。水の代わりに出て来る冷茶がアールグレーの味で、おいしい。聞いたら「水で薄めた水出しアールグレー」だそうです。まあなんとなくいろいろ、この店は気に入りました。がんばってください。

ああ肝心の、食べたものについて書いてなかった。カルボナーラ。いくらだったんだっけ。おいしかったけど、超ハイカロリーな感じ。いったいいくつ卵使てるねん。あそこまでどろんどろんのタプタプのカルボナーラ食べたの、初めてやわー。オレはもうおっさんなので、二度と食いたくない。ハイカロリー過ぎる。体感で、あるでん亭のカルボナーラの400%。おいしかったけどね。

ああ肝心のパスタについて書いてなかった。この店は生パスタが売りで、その肝心の生パスタが、とってもおいしかったです。乾燥パスタでは絶対に得られないムチムチ感。今度カルボナーラ以外のものを頼んでみたい。

コモードキッチン 新宿御苑店イタリアン / 新宿御苑前駅千駄ケ谷駅四谷三丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-31 15:45 | ├スパゲティ |
けららのひよこ豆の辛いカレー
c0315466_11580665.jpg

けららのひよこ豆の辛いカレー680円。デリーと遜色ないとか書いたのは、ちょっと褒め過ぎだったかも。いやおいしいんだけど。
[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-30 15:56 | ├カレー |
中国茶房8の「豚スペアリブと野菜豆腐の煮込み」550円
c0315466_20361021.jpg

c0315466_20370442.jpg

c0315466_20371858.jpg

c0315466_20473738.jpg

c0315466_20372548.jpg

c0315466_20373598.jpg

安価な庶民的中華料理屋。ブレードランナーみたいなカオスで世紀末な内装がおかしくて笑えるので、デートとかにも向くんじゃないかと思う。店員はたぶん全員中国人で、微妙に愛想が悪い。強制相席とかは当たり前。それを欠点と思う繊細な人には勧められないが、それが大陸のリアルっぽくていいじゃん、と思うとなかなかいい感じ。ひとりで上海旅行に来たみたいな、疎外感と落ち着きが味わえる。混んでる時とか、手を挙げたぐらいではなかなか気付いてくれないけど、中国人になったつもりで遠慮なく大声を出せば無問題。愛想悪いように見えても大体いい人。

今日頼んだのは「豚スペアリブと野菜豆腐の煮込み550円」。スペアリブって肋骨付きの肉のことかと思ってたけど、これはあばら骨じゃなくて背骨じゃなかろうか。ほぼまったく肉がない。豆腐も1片くらい。野菜は白菜くらい。この店では「おかずのボリューム、非常識なくらいにあり過ぎ」と思うことの方が多いんだけど、たまたまなのか何なのか、今日はボリューム的に物足りなかった(まあ、ごはんのおかわりはいくらでも無料なんだけど)。でも背骨のスープはおいしくて、このスープでラーメン出したらうまいんじゃないか、とか妄想しました。

中国茶房8 新宿店中華料理 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-29 14:35 | ├中華 |
筑前屋のカキフライ定食580円
c0315466_20382806.jpg

c0315466_20400797.jpg

c0315466_20404003.jpg

カキフライ定食というものは通常850円とか950円とか1200円とかじゃないですか。580円のカキフライ定食って破格でしょう。2時近くに行って「今日は売り切れ」と言われることを何度も繰り返したが、今日はついに食べられました。まあまあ普通においしいカキフライ定食が580円。大満足。

[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-28 20:41 | ├その他 |
タートヴァンのボイル仔羊650円
c0315466_20410658.jpg

c0315466_20411011.jpg

c0315466_20411310.jpg

c0315466_20411657.jpg

外の看板を見て、ポークステーキかローストチキンを頼もうと思って店に入ったら、両方とも売り切れだった。この店のランチがうまいか、と聞かれれば、正直、あんまりおいしくないと思う。でもなんとなく、この店は好き。黒板のメニューを見て「ボイル仔羊」とおやっさんに言うと、おやっさんが厨房の奥さんに「ひつじ」と一言告げる、その略し方もちょっといい。ごちそうさまでした。そういえばこの店のカレーを食べたことがない。今度カレー頼んでみよう。

タートヴァンワインバー / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-27 15:44 | ├その他 |
喜楽の中華そば650円
c0315466_19285183.jpg

c0315466_19285779.jpg

c0315466_19291586.jpg

c0315466_19302463.jpg

c0315466_19304357.jpg

c0315466_19305052.jpg

日記によると、2007年1月4日以来の喜楽。ジャッキーチェンの映画に出てくるカンフーマスターみたいな雰囲気の、ヒゲのオッチャンが変わらない。一体いくつなんだ。仮に65歳だとすると、30年前は35歳だったの? ウッソー、信じられん。そしてスープも変わらない。うまいなー。この無二の甘みは、ネギ油がもたらすのだろうか。

改装前の木造店舗で、先代が作るところを何度か見たことがある。大量のネギを、焦がさないように低温の油で、長時間かけて揚げる。炒めるのではなく揚げる。大量の油で。そうしてできあがった、とろんとろんのどろんどろんのぐずぐずの、飴色のネギだけを使うのではなく、油だけを使うのでもなく、ネギと油の両方合わせてネギ油。これをレンゲで丼に投入し、タレ、スープ、麺、もやし。昔から思ってるんだけど、どうしてこの味がもっと真似されて広まらないのだろうか。かおたんラーメン以外にも。

ちょっとショックだったのは、麺が変わっていたこと。少なくとも7年前までは、特徴的な平打ち麺だった。まあこの中太麺も悪くはないけど。悔やまれるのはチャーシューをちゃんと撮らなかったこと。この昔っぽい硬いチャーシュー、んまい。

餃子を頼むと食べ過ぎになることも、ラーメン食べ終わる頃まで出て来ないことも、餃子は500円で、中華そばと合わせると1150円というふざけんな価格になることもわかっていたけど、思い出のよすがとして餃子も行った。昔からこんなに野菜が多かったかな。ニンニクとニラの匂い。んまい。

喜楽ラーメン / 神泉駅渋谷駅


[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-26 19:34 | ├ラーメン一般 |
桂花の太肉麺950円
c0315466_12245367.jpg

c0315466_12245713.jpg

c0315466_12245968.jpg

c0315466_12250360.jpg

c0315466_12250621.jpg

c0315466_12250971.jpg

c0315466_12251285.jpg

c0315466_12251634.jpg

去年だったかおととしかのある日、大好きだった「せい家」のラーメンを一口食べて、あ、もういいや、と思ったことがある。もう、こういう動物質の濃いラーメンは食べなくていいわ、と。オレは降りるわ、と。私は老いたのだろうか。たぶんそういうことだろう。その日を境にオレは、オレ2.0に変質した。オレは桂花の太肉麺が大好きだったけれど、残念ながらオレ2.0は、もはや桂花の太肉麺にときめかない。麺は低加水の好みのタイプだが、しょっぱいスープも悪くないと思うが、太肉も旨いけど、すまん、オレ。さらば、オレ。さらば、桂花。人生は残酷だ。まさかあなたに星2つをつける日が来ようとは思わなかった。あなたに非はない。恩は忘れない。オレ2.0は桂花に対する敬意と感謝を述べたくて、ランチブログを始めたような気さえする。30年間、お世話になりました。

桂花ラーメン 新宿末広店ラーメン / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-25 15:23 | ├ラーメン九州 |
小諸そばのかけそば230円
c0315466_12075719.jpg

朝食。写真で見るとえらいうまそうだな。うまくないんだ、これが。
[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-25 09:09 | ├蕎麦 |
電撃居酒屋まるの鶏ももステーキ
c0315466_11575943.jpg

c0315466_11572427.jpg

c0315466_11572794.jpg

c0315466_11573050.jpg

c0315466_11573441.jpg

c0315466_11573775.jpg

ミャンマー料理の店らしい。まずドンとお茶がボトルで出て来て、鶏ももステーキ680円というのを頼んだら、お通し的な3点盛りに続き、なぜか目玉焼きが出てきて、最後にネギ多過ぎの鶏肉登場。しょっぱい。ほーいいじゃないか、こういうのでいいんだよ、こういうので、とゴローちゃんなら言いそうだ。ご飯も味噌汁も食べ放題。ごちそうさまでした。

[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-24 15:57 | ├エスニック |
なか卯の「コギツネ」190円
c0315466_05465580.jpg

c0315466_05522718.jpg

朝食です。なか卯のうどんはどれを食べてもうまい。どれを食べても旨味が濃過ぎて「お湯で割りたい」と思うけど、それはまあ、些細なことだ。そんなことより、うどんがうまい。この透明感とむちとろ感。

例えば松屋の350円のカレーはとってもおいしいけれど、だからと言って「御徒町のデリーと遜色ない」とまでは思わない。しかしなか卯のうどんは、神保町丸香とかと比べてもなかなかバカにできないんじゃないだろうか。いや、別にグルメじゃないんで自信ないけど、そんな気分。これは「コギツネ」190円。

なか卯 四谷三丁目店牛丼 / 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-24 10:03 | ├うどん |
ひつじやの日替わりチリチキン640円
c0315466_06341576.jpg

c0315466_11475652.jpg

電話してみたらまたもやチリチキン。「チリチキン多いんですね」と言ったら、「いえ、ローテーションで回してますんで」だって。15日も18日も21日もチリチキンだったという事実を、把握してない模様。おいしいー。
[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-23 15:33 | ├カレー |
モモンガの醤油ラーメンアブラ少なめ
c0315466_15224989.jpg

c0315466_15225678.jpg

680円。これを初めて食べたのは2012年3月の開業当初で、そのときの印象は「まあまあ」だった。その後巣鴨の蔦で「あ、これはモモンガの味」と思ってまた思い出し、また行ってみたのが2013年秋。そうしたら麺が、低加水のぽくぽく麺に変わっていた。知ってる範囲で言うと、伊藤の麺をややノーマルにした感じ。これが好みにドンピシャリ。

モモンガの醤油ラーメンは自分の駄舌ではなかなか全貌が捉え切れず、食べるたびに印象が変わる。今日は初めて「アブラ少なめで」と頼んでみた。これがハマった。うまい。これといって突出したもののないバランス端麗型のスープだが、この麺を味わうにはそれがいい。当初はまあまあ止りと思っていたが、今日はとうとう感動5つ星。素晴らしいです。テレビを撤去して、トイレの芳香剤が匂わなくなれば、もう少し名店の風格が出ると思うんだが。
[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-22 15:25 | ├ラーメン一般 |
ひつじやの日替わりチリチキン640円
c0315466_15173068.jpg

c0315466_15173542.jpg

怖ろしいことに、この辛さに慣れて来た。うまい。チョーうまい。

[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-21 15:16 | ├カレー |
ひつじやの日替わりマトンロハンジャッシュ580円
c0315466_21294581.jpg

c0315466_21325270.jpg

c0315466_21294940.jpg

c0315466_21295310.jpg

c0315466_21295572.jpg

おいしくない、とか思ったらショックだなー、と恐る恐る注文したけど、いつも通り美味しかった。いや、「この店の味はブレてない」とかいうことが言いたいんじゃないですよ。「この味を美味しいと思うオレ」が変わってなくてほっとした、ということです。ああ美味しかった。幸せ。
[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-20 21:31 | ├カレー |
自家製麺伊藤の比内鶏そば
c0315466_16090245.jpg

c0315466_16014000.jpg

c0315466_16014453.jpg

c0315466_16093494.jpg

c0315466_16015466.jpg

王子の伊藤に2度、今は無き鴬谷の遊には3、4回行ったことがあるけど赤羽は初。「中華そば」が煮干し100%で、「比内鶏そば」が煮干しと鶏のWスープなの? 王子でも遊でも煮干しスープしか頼んだことないので、比内鶏そばにしました。うまい。おいしい。素晴らしい。他に言葉が出てこない。どうしてこんなに美味いのか。考えているうちに、逆にどうして他の店はこの味じゃないんだろうかと不思議になってきたり。

埼京線に乗って赤羽で下りたのは覚えている。券売機で比内鶏そば600円とスープ増し100円の券を買ったことも。予想よりずいぶん早く出て来て意表をつかれたことも。あっ、肉そばにするつもりだったのに肉なし買っちゃったよ、と悔いたことも。スープから行くか、と一瞬迷い、麺から行ったんだよ確か。並べて飲み比べれば中華そばと鶏そばの違いがわかるのかも知れないが、自分のバカ舌ではやっぱり煮干しの味しかしなかった。そしてうまい。おいしい。素晴らしい。半分食べたあたりで胡椒をかけた。合う。少し食べてまたかけた。すごく合う。気がついたら丼が空になっていて、放心しながらぼんやり思った。ああそう言えば、写真撮るの忘れてたわー。

この数十年、ラーメン界はさまざまな気の利いた小技を発明してきた。とろり半熟味付け卵。ネギは2種を使い分け。いやいやうちは3種やで。仕上げに貝割れをひとつまみ。仕上げに糸唐辛子とミョウガ。さらに仕上げにホタテ旨味オイル。さらに仕上げに干貝柱のパウダーと、わずかな昆布茶。ゆず胡椒。メンマは長い穂先メンマ。低温調理されたピンクのチャーシュー。ガゴメ昆布、などなど。このラーメンにはそういうのが何にもない。いやよく覚えてないけど、確か、無かった。無いけどうまい。凪のような油ギトギトもレモン酢もない。方南町の蘭鋳も伊藤インスパイア系の名店だと思うけど、やはり本家は何かが違う(いや本家は王子か。いや角館か)。

それにしても遊といいここといい、伊藤のDNAはどうしてこれほどまでに頑なに、陰気で狭い店を好むのか。つげ義春のファンなのか。銀座店もこんな感じなのだろうか(ただここは王子とも遊とも違い、調理場が見えるのがうれしい。カウンターがやたらと高いせいで手元は見えないけど。そのカウンターは焦茶色で陰気だけれど)。銀座店は六丁目に明日開業らしいですよみなさん。

自家製麺 伊藤ラーメン / 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅
昼総合点★★★★★ 5.0


[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-19 16:07 | ├ラーメン煮干し特化系 |
ひつじやの日替わりランチ基礎知識
ひつじや四谷店は週7日営業で、ランチの日替わりメニューは2014年1月現在、店員さんによると8種ある。ただしローテーションを守って回してるわけではないようで、今日のランチの日替わりが何なのか知りたければ電話するしかない。

・羊の胃袋のカレー(変わった辛いカレー)580円
・チリチキン(滅茶苦茶極端に辛いカレー)640円
・マトン・ロハンジャッシュ(ノーマルなマトンカレー)580円
・マトンステーキ500円
・マトンアサド580円
・ギリシャ風シシカバブ(たぶん640円、未食)
・クスクス640円
・ガンボ・セット600円

ひつじや四谷店
03-5357-7920

[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-18 19:17 | ├メシメモ |
CURRY BARのレモンハーブ800円
c0315466_15400681.jpg

レモングラスはイネ科の多年草。アジアおよびカリブ料理でよく使用されるハーブ。トムヤムクンの主要な材料である。レモンの香味成分であるシトラールを含有しているため、レモンのような風味がある。とWikipediaに書いてある。なるほど。これはレモングラスのエキゾチックな香りを効かせたカレーだそうだ、が、僕のバカ舌バカ鼻では、正直どこがレモンハーブなのかわからなかった。おいしいけど、やっぱ物足りない。

[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-18 15:51 | ├カレー |
訪問できてない店のメモ
◉ランチブログ始めて2ヶ月経ったのに未だに行けてない店のメモ:

凪 11:00~23:00(日祝は21時まで)2014.02.05
凪 炎のつけめん 11:00~15:00
麺屋海神2014.02.01
桂花2014.01.25
博多天神
白八
庄の ゴツボ
自家製麺GACHI 曙橋
雲南米線 11:30~15:30 17:30~23:00 不定休(ほぼ無休:古い情報かも)
支那そば こうや 11:30~22:30 日祝休
広州市場 新宿東口店
麺屋空海(参宮橋)
喜楽(渋谷)2014.01.26
自家製麺伊藤(赤羽駅東口)2014.01.19
篝(銀座)11:00~15:30 17:30~22:30 日休
コショーそば天華(品川)

スパゲティ軒下2014.02.10
スパゲティJINJIN
カレーCLOVE
アーンドラダイニング

美人粥 (旧 粥麺茶房)
リンガーハット
釜揚げうどん水山
丸亀製麺
さぬきや

肉屋の正直な食堂

中国茶房8
魚角
やよい軒
鉄板牧場2014.02.09


[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-18 13:14 | ├メシメモ |
ひつじやの日替わり、ひつじの胃袋のカレー580円
c0315466_15153474.jpg

c0315466_15153476.jpg

ひつじやに電話して聞いたら今日は「バングラ風羊の胃袋のカレー」だと言うので、スキップしながらひつじやへ。しかし。ああなんてこった、またしてもオレは汚れちまった。つい先週まであんなにおいしいおいしいと思ってたのに、今日は初めて「カイエンペッパーばかりが主張する単調な味」だなんて、批評家めいたことを思ってしまったよどうしよう。だけどしょうがないじゃん、思っちゃったんだから。いやもちろん美味しかったけどね。しかしこうやって人は汚れていくんだなあ。悲しい。
[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-17 15:19 | ├カレー |
CURRY BAR の酒粕入り濃厚ホワイトカレー
c0315466_17043918.jpg

c0315466_17044358.jpg

限定8食、酒粕入り濃厚ホワイトカレー900円。

「『ミュージック・マガジン』は『良心的な音楽』に点が甘い」という現象がある。アイヌの伝承音楽とか、カリブ海なんとか島の伝承音楽とか、アフリカのなんとか族の伝承音楽とかがCD化されたりすると、評論家諸氏がこぞって持ち上げ、こぞって絶賛する。そんなに素晴らしいのかと思って聞いてみると、あまりに地味で一般人には楽しめなかったりする。まあ高級な耳をお持ちの通の皆さんには素晴らしさがわかるのかも知れませんがねえ、という感じ。この店のカレーにはそういった伝承音楽の匂いがする。つまり「良心的なカレー」だ。だから褒めたくなる。「この味の素晴らしさがわかるオレ」を演出したくなる。なんとなく、これを絶賛する方が通っぽい。

映画でもありますね、通が絶賛するが決してヒットはしない地味で良心的な映画。「歩いても歩いても」なんてAmazonのレビューでは絶賛の嵐だ。あんなありふれた退屈な映画が。信じられん。

その手の「通の持ち上げ効果」を抜きにして、冷静に自分がどう思ったのか考えると、実際おいしいと思ったけど、おいしかったが、正直、物足りない。全然物足りない。900円あったらおいしいおいしいけららのダブルセットが食えるし、オリジン弁当だったら600円でチョー満足できるということを考えるにつけ、申し訳ないけど非常に物足りない。残念だ。きのう食った悪魔のような下品カレーが星よっつで、この天上界を吹き渡る繊細無垢なフルートの音色のようなカレーが星ふたつって、そりゃおかしいんじゃないかという葛藤はあるが、感想は感想なので仕方ない。

当方ラおたにつき、「濃厚」と言われると当然「旨味が濃厚なのか」と、家系ラーメンみたいな下品なヤツを無意識に連想してしまうせいもあったのかも知れないが、ラインアップは「上品なカレー2種と、下品なカレー3種」くらいで行かないとキツイんじゃなかろうか。

◆◆

ところで僕の後に入って来たお客さんが、もしかしてジュリアス・スージーさんじゃないかと思ったんだけど、気のせいかな。いや、こんな雰囲気だったから。「ジュリアス・スージー」という名前を記憶してなかった(思い出すにはいつも「カレー 食べログ 女友達」とかでググる)ので、聞けなかった。
[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-16 17:07 | ├カレー |
ひつじやの日替わりチリチキン640円
c0315466_15261257.jpg

c0315466_15261302.jpg

c0315466_16405108.jpg

c0315466_15261298.jpg

これは到底人におすすめできる食い物ではない。辛過ぎる。無茶苦茶だ。暴力的に辛い。大量の生の青唐辛子をぐずぐずになるまで煮込んだ唐辛子汁。美味しいかって? 冗談じゃない。スパイスが織りなすハーモニーも華やぎも奥行きも玄妙もマジックも、ここにはない。あるとしても感じ取ることができない。ただただ辛いだけ。その辛さが芸もなくひねりもなく、ただただゴリ押しストレートで舌表面を攻撃して来る。食べ始めるとすぐに、注文したことを後悔する。辛い。楽しくない。苦しい。呼吸が荒くなる。咳き込む。泣きそう。いつの間にか口で息をしている。ツラい。これは修行か。何の為のだ。ああ畜生、二度と頼むもんか。これが我が生涯最後のチリチキンだ。いい加減にしろ。ふざけんな。ここまでやることないだろう。程度を考えろよ。

御徒町デリーのカシミールも確かに辛いけど、あれは間違いなく料理だろう。これの場合どうも、美味しさを目指して作ってるようには思えないんですね。根本的に。剥き出しの敵意の結晶。悪魔の汁。拷問のためのツール。ああツラかった。しかし困ったことに、食べ終わる頃には思うのだ。ああ、また食べたい、と。最凶のドS汁。ああ、もうだめ、イヤ、やめてえ。お願い、堪忍して。死んじゃう。壊れちゃう。やめないで。もうめちゃくちゃにして。

この地獄汁のしずくがピチョンと飛んで目に入ったりしたら地獄の苦しみだと思うので、気をつけてください。実際拷問に使えそうだ。

c0315466_15261312.jpg

「インド アンダラ地方」でググった感じでは、どうやら「アーンドラ地方」のことらしい。えっ、それじゃアーンドラダイニングのアーンドラか。アーンドラダイニングにはこんな凶暴さは微塵も感じなかったけどなあ。まあ、ひつじやのこれ以外の料理にも感じないけど。

[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-15 15:32 | ├カレー |
ヒマリのレバニラ炒め600円
c0315466_18334805.jpg

おかしいなー、今日のひつじやの日替わりはマトンロハンジャッシュだった。クスクスかチリチキンかギリシャカバブが来るまでひつじやには入らない方針でいるので、ヒマリへ。レバニラ炒め780円がタイムサービスで600円。インド料理屋が出すレバニラ炒めとは果たしてどんな工夫が、とか思うこともなく、まったく普通のレバニラ炒め。ごちそうさまでした。

[PR]
# by nobio2013 | 2014-01-14 18:36 | ├中華 |