カテゴリ
├ラーメン一般
├ラーメン煮干し特化系
├ラーメン肉特化系
├ラーメン九州
├ラーメン激辛系
├カレー
├うどん
├蕎麦
├スパゲティ
├和洋中
├中華
├エイジャンなど
├その他メシ
├家メシ
├メシメモ
├メシ以外のメモ

├自己紹介
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
最新の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
モモンガの醤油ラーメン680円
c0315466_19162022.jpg

c0315466_19163330.jpg

c0315466_19163710.jpg

この店のカウンターの陰にはステンレスのストッカーがびっしり20個近く並んでて、それぞれにメンマとかチャーシューとかネギとかコーンとか塩とかおぼろ昆布とか鰹節とか入れてるんだけど、半分くらいは見てもなんだかわからない。錬金術でもやってんのかという感じに、とにかくいろんな粉を使って出来上がるハンサムな醤油ラーメン680円。

ちなみにネギだけでも白ネギとわけぎの2種のせる。この店のコンセプトは「とにかく好きなこと以外やらない」だという話を開店当初どこかで読んだけど、手順を見てるとほんとに好きなんだなと思う。愛想がないのにはこっちが慣れるしかない。もう慣れた。

とにかくこの麺がうまいうまい。断面正方形の細めのストレート、低加水っぽくて全粒粉っぽくて、色も若干蕎麦寄りな感じ。もし「蔦」と「モモンガ」が並んであったら、僕は絶対モモンガに入りますね。多少トイレの芳香剤が気になるとしても。愛想悪いと言うか、目も合わせてくれないとしても。この麺の魅力はそれを越える。

スープは醤油の香りを前面に出した開店当初のものより、今はマイルドになった気がする。うまいけど、油が多い。ラーメンの油ってスープの表面に小さな玉になってギッシリ並んでにこにこ揺れてるのが標準だと思うんだけど、これは油が層になっていて、すっきり端麗スープなのに「油を大量に飲んだ」食後感が残る。今度「アブラ少なめ」をオーダーしてみたい。チャーシューは開店当初は低温調理系のピンクのポークだったけど、今は鶏肉。おいしい。

[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-21 19:18 | ├ラーメン一般 |
チバソムのカレー2種盛り弁当
c0315466_19101626.jpg

c0315466_19102327.jpg

c0315466_19103051.jpg

新宿5丁目にあるタイ料理屋。チバソムは「安寧の隠れ家」という意味らしいけど、そう言いながら持ち帰り専門っておかしいじゃないか。好きなおかずを2種選んでランチボックス650円、ライス大盛り無料。営業時間は平日の11時から15時。14時過ぎると50円引きだけど、14時過ぎるともうおかずはあんまり残ってない。人気店の模様。オーナーは車両販売で外回りしてるそう。

カレー2種盛りランチ50円引きで600円。見た目は全然うまそうじゃないけど、むっちゃうまかった。タイ米もおいしい。ごちそうさまでした。今度は早い時間に行ってカオマンガイを狙いたい。

[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-20 16:09 | ├カレー |
モモンガの海老つけ麺800円
c0315466_15514872.jpg

c0315466_15515211.jpg

ジンジャー・ヌードルの麺はジンジャー・ヌードルにしか使ってないのかと聞いてみたら、海老つけ麺も同じだと言う。名古屋出身なので当然海老フリャーは好きだ。天ぷらも好きだし海老チリも、海老マヨアボガドとかの組み合わせも好き。だけど海老出汁のラーメンはダメだ。二代目海老そばけいすけで懲りた。二度と食べたくない。マズいとは言わないが好きじゃないんだからしょうがない。

そういう訳で食べないと決めていた海老つけ麺だが、そういう訳なら頼まない訳にはいかない。頼みました。量は並。アツ盛り大丈夫だと言うのでアツ盛りリクエスト。やっぱ美味かったです、麺は。でもジンジャー・ヌードルほどの感動はない。「つけ麺によくあるムチプリ太麺とははっきりと異質」とこの前書いたけど、間違いかも。つけ麺として食べてみると割と、つけ麺によくある感じ。

つけ汁については、海老出汁のラーメンを好きじゃない者が感想書いてもしょうがないのでノーコメント。あえて感想を言うならば、好きじゃない。

[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-19 15:53 | ├ラーメン一般 |
ひつじやの日替わりマトン・ステーキ150g 500円
c0315466_20373716.jpg

c0315466_20374129.jpg

今日の日替わりはマトン・ステーキ150g、500円。ステーキと言ってもフライパンに油を引いて焼くのではなく、1メートルほどもある串に刺して石釜で焼く。出て来たときの見た目のイメージがかなり殺風景だし、食べても殺風景な感じなんだけど、それで不満かというとそんなことはなくて、うまい。500円でこれが食えるならじゅうぶん満足。

この店はスペースの使い方がえらく贅沢。この半分の面積でこの席数はゆうゆう確保できるんじゃないかなー、スタッフも多いし、こんな安く出して家賃払えるのって凄いなー、といつも感心する。

[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-18 20:40 | ├エイジャンなど |
ヒマリのカレーセット600円
c0315466_20134583.jpg

c0315466_20135065.jpg

おいしいけど、ぬるい。すごくぬるい。何度か暖め直してもらった前科があるんだけど、もういい。これを頼むのをやめよう。

常温のビールを、アフリカでは常温が常識らしいぞ、と思いながら飲むと意外にうまいので、インドではカレーはぬる燗でやるのが通なんだぜ、と思いながら今日は食べてみたけど、ダメだった。常温のビールは好きだけど、ぬるいカレーは好きじゃない。よもだそばでもヒマリでも、今日はハズレを引く日だった。こういう日もある。まあこの内容(通常価格850円)でタイムサービス600円なので、安いと言えばすごく安い。サラダはとてもおいしかった。カトゥリは左からサラダ、ほうれん草のカレー、チキンカレー、マンゴープリン。

ヒマリ居酒屋 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0


[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-17 20:17 | ├カレー |
晩ご飯
c0315466_20482191.jpg

c0315466_20482534.jpg

スナップエンドウとプチヴェールのサラダ(おろしポン酢)、豚バラ肉と蓮根とキャベツの炒め煮(黒胡椒いっぱい)。プチヴェールというのは静岡の増田採種場という会社がケールとメキャベツを交配して1990年に開発した、世界初の「非結球メキャベツ」だそうで、これが甘くて美味いんですよ。ごちそうさまでした。

[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-15 23:47 | ├家メシ |
香港麺新記のBセット
c0315466_09521142.jpg

c0315466_09531488.jpg

c0315466_09531995.jpg

c0315466_10481483.jpg

c0315466_09532479.jpg

かつて、新記のラーメンが世界1だと心の底から思っていた。当時は新記四谷三丁目店も新記虎ノ門店も存在しなかった。三宿の本店と、外苑西通りの御苑沿いに店があった頃だ。食べログがあったかないかわからないが、パソコン持ってなかった。20年前だろうか。オレがそう思ってたんだからそうだったんだよ、オレの中ではなぁ。今はもう、新記が世界1だとは思えない。新記は変わってないと思う。オイラが汚れちまったんだようようようようようようよう・・・・・・。

汁なしと汁ありのどちらか選び、日本麺と香港麺のどちらか選ぶ。これは汁あり日本麺。オーソドックスなストレート細麺、柔らかめ。トンコツの臭みが残るエキゾチック(日本的でない)な白濁スープ。胡椒がすごく合いそうなのに胡椒が置いてないのは不満。代わりに「食べるラー油」的なものがあってこれはこれでうまい。具は雲呑(まあまあ)と、じゃこ天みたいな四角い練り物と、団子状のつみれ(これも練り物っぽい)。牛バラ飯とのセット。肉汁とタレの染みたご飯はチョーうまいけど、930円という値段を考えるとトータルで不満。ごちそうさまでした。

香港麺 新記 四谷三丁目店飲茶・点心 / 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5


[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-14 16:57 | ├ラーメン一般 |
Prego1957「ローストポークのワインソース」
c0315466_09214482.jpg

c0315466_09215064.jpg


c0315466_09215671.jpg

c0315466_09220013.jpg

おいしかったです。この界隈の店のランチの中で、ここは2番目にサラダがおいしい(ちなみに1番はボスポラス・ハサン)。今日のは何か複雑なチーズの味のドレッシング。ローストポークなんて頼んで冷たかったらやだなー、と思ってたら、焼きたてってことではないんだろうけど、暖かかった。ソテーしたタマネギと小ぶりのジャガイモの上に盛ってある。もうひとつの小鉢は、何故か韓流ナムル。プラスコーンスープ。ごはんは少なめ。ごちそうさまでした。

Prego1957ワインバー / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-13 17:21 | ├和洋中 |
モモンガの期間限定ジンジャーヌードル
c0315466_22172617.jpg

c0315466_22180804.jpg

c0315466_22184121.jpg

c0315466_22190560.jpg


モモンガの「期間限定ジンジャーヌードル」850円。2013年12月12日現在、WEB上ではこれについての情報も画像もぜんぜん見かけないけど、まあご覧ください、このデインジャラスな異相。スープと麺に大量の挽肉とトウフをトッピングしてネギをのせて、仕上げに振りかける粉はたぶん、昆布(おぼろ昆布?)のパウダー。濁った黄色いスープをズズッと行くとこれはもう、どういう味の構成なんだか私ごときの馬鹿舌ではぜんぜんわからないが、バカでもはっきりわかるのは生姜が大量に入っているということで、ここまで生姜臭くせんでもエエんやないのと、まあ今日がジンジャーヌードル3回目なので慣れてきたけど最初はかなり驚いた。
 
麺はややビロビロにヨレた、やや太めの平打ち多加水麺で、つけ麺によくあるムチプリ太麺とは微妙に、しかしはっきりと異質の、未体験のにゅるとろセクスィーな触感が危険な情事の予感。讃岐うどんにたまにこれに近い、むにゅっとした感触あるな、という感じ。ぬめりがあるんだけどそのぬめりが麺から来るのかスープにあるのか、それも判然としないがとにかくこの麺は信じられないほどに魅力的。大事なところなので二度言うが、とにかくこの麺は信じられないほどに魅力的、だー。ただ、今日はちょっとスープがぬるかったのが残念。絹ごし豆腐の食感はこのにゅるとろセクスィーに素晴らしくマッチするんだけど、豆腐も挽肉も冷たいので、そのせいもあるのかなー。
 
あと、昆布パウダーは必ずスープと混ぜてからお召し上がりください。そのまま口に入れるとげほげほ咽せるし、旨味も感じられない。個人的には昆布パウダーよりもおぼろ昆布の方がいいんじゃないかと思うんだけど。あと、トイレの近くには座らない方がいいと思う。トイレのそばに座ると芳香剤の臭いがツラい。なんとかしてくれよ。これほど高い志を感じさせる店で、トイレの臭いがカウンターまで漂うってどういうことなんだよ。信じられないよ(ついでに言うとテレビ点けてるのもどうかと思う)。

モモンガラーメン / 西武新宿駅新大久保駅大久保駅
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-12 22:20 | ├ラーメン一般 |
ヒマリの、チキンのハーブ焼き定食
c0315466_00445197.jpg

新宿御苑前にかつて「ジョージーズ スパイス ダイニング&バー」という、ほぼ知られざる地味なカレーの名店があった。ある日気付いたらその店がなくなってて、「たべもの屋 ヒマリ」になっていた。ところがヒマリのカレーはジョージーズと同じ味がするんですよ。ホットではないがスパイシーな正統インドカレー。ジョージーズはインドカレーの店だった。ヒマリもインドカレーを出す店だが、珍しいことに、インドカレーを出す店でありながら、餃子定食とか生姜焼き定食とか肉野菜定食とかレバニラ定食とかも出す。なんだそれ。おもしれー。ヒマリはジョージーズから内装も全然変わってないし、どういう関係なのかといつも気になるけど、なんとなく聞けないでいる。まあ一生聞かなくてもいいか。

ヒマリのランチは3時までだが、2時を過ぎるとタイムサービスで600円均一に値下げされる。それを目当てに2時過ぎると貧乏人が集う。ちなみに土日はランチタイムフルで600円。ロケーションによって「土日の方が混む店」と「土日は客が来ない店」があるわけで、ここは土日は客が来ないんですね。そういうわけでこれは600円の、チキンのハーブ焼き定食。大満足。


[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-11 16:45 | ├エイジャンなど |
モモンガの期間限定担々麺
じつはブログのタイトルは「モモンガ記録室」にしようかと思ってたぐらい、最近モモンガにハマってるケイティ・ペリーです、どうも。基本的に2日続けてラーメンなんてことは滅多にしないのですが、新ブログ開始のテンションで行ってしまいました。この店はほんとうに凄い店だと思うんだけど、まあ、おいおい。今日はジンジャーヌードルを撮影したくて行ったんですが材料切れということで、初めての「期間限定 担々麺」800円に。

c0315466_21605.jpg

c0315466_2182386.jpg

c0315466_2184814.jpg

モモンガのラーメンは何を頼んでも何かしらの驚きがある。この担々麺にもあった。しかし説明できない。なんか変わってるんだよなあ。うまい。ちなみにぜんぜん辛くないです。酸っぱくもない。山椒のシビれる感じもない。「ラー油をかけて挽肉をのせた普通のラーメン」でしょうか。でも普通じゃない。なんか変わってて、そこに惹かれる。乗ってる葉ものはチンゲンサイ。黄色いのはユズ。麺は多加水で細めでスルスルした感じの、巣鴨「蔦」と同系統な感じ。聞いてみたら「開店当初と同じ麺」だそうだ。どういうことかというと、モモンガ(2012年1月「店名のない店」としてオープン、3月からモモンガとして営業)はこの夏、ラーメン(醤油ラーメンと塩ラーメン)の麺を低加水な全粒粉な感じの麺に変えたんですね。でもこの担々麺はその新麺ではなく、開店当初の旧麺だと。なるほど。今のところモモンガの麺について把握できたことをまとめると

・醤油ラーメンと塩ラーメン:低加水全粒粉っぽい灰色細め正方形ストレートぽくぽく麺
・醤油つけ麺と担々麺:開店当初から続く多加水細め正方形ストレートするする麺
・ジンジャーヌードル:謎のセクシー平打ち太めチュルンとろん麺

ということです。ごちそうさまでした。トイレの近くに座ると芳香剤の臭いが悲しいので、離れた位置に座るの推奨です。トイレの芳香剤の臭いが店内に漂う店だなんて最低だ行きたくない、と思うでしょうが、いやいやいやこの店はいくつかの欠点を差し置いても凄い店なんですよいやほんと。トイレから離れた位置に座れば全然無問題ですから。
[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-08 20:52 | ├ラーメン一般 |
アイバンラーメンプラス[経堂]の塩ラーメン
c0315466_18341079.jpg

c0315466_18335912.jpg

「喧嘩商売」まさかの再開が間近に迫る今日この頃ですが、アイバンラーメンは幸いこんな怖いウザい店ではなく、気兼ねなく麺からズズッと行けます。ちなみに麺から行くようになったのは「凪」の暴力的に濃厚な煮干しスープのせいです。アレをスープから行って、ウンマイなあウンマイなあと2口3口とレンゲを重ね、それからさて、と麺に着手すると、味を薄く感じてガッカリするんですね。そういう経験をして以降、いきなり麺から行く派に転向したピストン西沢です、どうも。

c0315466_18593251.jpg

外装内装はお洒落カフェ。頼んだのは塩ラーメン750円。

c0315466_1822316.jpg

ズズッといった瞬間、おお、こりゃちょっとやり過ぎだろう、と思ってしまった。スッゲーいろんな味がすんの。「ひるがお」を思い出す。ひるがおのスープって干し貝柱とか干しえびとか干ししいたけとか、なんとかエキスを抽出したなんとかオイルとか、もういろんなオールスターがちょっとずつ沢山入ってて、いやあ頑張ってるなあ、という感想が先に来ちゃうんすが、この塩ラーメンはあのひるがおよりもさらに味が濃い。能書きによるとスープの材料は「2日かけて昆布で作った旨味油」「魚介ダシと動物系のWスープ」「塩昆布」「3種の塩をブレンドした塩ダレ」だそうです。旨いけど、旨過ぎるというか。端的に説明すると「煮豚をのせたオイリーな昆布茶」という感じ。でもおいしかったです。完食完飲したし。麺は「全粒粉香る中細麺」とあり、低加水系の好きなタイプ。今度機会があれば「チーズまぜ麺」を食べてみたい。

しかしよく考えると上の漫画みたいに「一口ズズッと食べたら『お代はけっこうですからお帰りください』」という店ばっかりだったら、最高ですね。そのパターンで10軒くらい無料でハシゴしたい。

[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-07 18:19 | ├ラーメン一般 |
電話番号
ひつじや四谷店
03-5357-7920
今日の日替わりを教えてください」ではスムースに意味が伝わらないことがある。
「今日のランチの日替わり」と発音すべし。

CURRY BAR
03-3353-6237

[PR]
# by nobio2013 | 2013-12-01 00:00 | ├メシメモ |