カテゴリ
├ラーメン一般
├ラーメン煮干し特化系
├ラーメン肉特化系
├ラーメン九州
├ラーメン激辛系
├カレー
├うどん
├蕎麦
├スパゲティ
├和洋中
├中華
├エイジャンなど
├その他メシ
├家メシ
├メシメモ
├メシ以外のメモ

├自己紹介
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
最新の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
タグ:★★★★ ( 35 ) タグの人気記事
|
新宿中村屋の「純印度式カリー」で水丸さんを偲ぶ
c0315466_22425825.jpg

c0315466_22424993.jpg

c0315466_22420089.jpg

c0315466_22414631.jpg

c0315466_22413341.jpg

ヨメにつき合って新宿で「寄生獣」後編を観る。なぜ寄生獣かというと、彼女はこの1年ばかり、阿部サダヲにハマってるのです。キムタクやヨン様や羽生結弦はわかるけどなんで阿部サダヲなのよ、イカした怪優なら他にいろいろいるじゃん、手塚とおるとか松尾スズキとか田中哲司とか、いやまあそんなことはどうでもいいですね。

◆◆

以前何かの雑誌の、有名人が一推しのカレー屋を語る企画で、安西水丸さんが挙げてたのが新宿中村屋だった。もっと通っぽい店をいくらも知ってるだろうに敢えて選ぶ食堂のカレー。さすがモテる男の絶妙のチョイスだわ、と思った記憶がある。だが、食べたことはなかった。食堂のカレーなら松屋でじゅうぶんうまいぜ、と思っていた。だが、私が間違っていたようだ。初めて食った中村屋のカレー、なにこれ、めちゃくちゃうめーじゃん。

こんな純日本式カレーがよりによって「純印度式」を名乗るって無いわー、とは思うけど、別にそんなものを期待しなけりゃ、これはこれで充分、というかチョーうまい。公開されてるレシピ読んでも特別変わったところはないけど、なんなんだろう。

薬味は玉ねぎのアチャールって言うんですか、あれと、キュウリのピクルスと、ラッキョの3点セットが人数分出て来て、プラス、マンゴーチャツネとレモンチャツネと粉チーズの3点セットがテーブルに並ぶ。全部おいしい。特にピクルスのシャクシャクパリッとした噛み応えは、30年前に代官山のシャレオツなオープンカフェでサンドイッチ食べた時に出て来たピクルス以来の絶品だ、デリーのしなしなピクルスなんか比べ物にならん、と思ったけど、ヨメの意見は「べつにふつーのピクルスじゃん」でした。

ヨメは「コールマンカリー」。色は違うけど味の違いはよくわかりませんでした。とにかくふざけた値段以外は大満足。「ライスとマンゴーチャツネとピクルスのセット」を400円で出してくれるなら週3で通うんだけど。いや、500円でもいいから。

Mannaカレーライス / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅
夜総合点★★★★ 4.0


[PR]
by nobio2013 | 2015-05-06 22:46 | ├カレー |
ひつじやのスペアリブとシシカバブのセット630円
c0315466_16093754.jpg

久しぶりのひつじや。スペアリブは肉の量にアタリハズレがあるけど、今日も当たり。おいしいー。
[PR]
by nobio2013 | 2014-04-06 15:12 |
人生二度目のソラの肉ソバ890円
c0315466_18264198.jpg

c0315466_18264592.jpg

c0315466_18264922.jpg

二度目にして思うこと:このスープはそんなにおいしくない。不味くもないけど。肉もまあ、おいしいけど、どうでもいい。しかしこの麺が。もう。メチャクチャうまい。というか好き。低加水っぽいけど極端な低加水ではなく。若干細めだけど極端に細くはなく。素晴らしい小麦粉感。ああもう世界中のラーメンをこの麺で食ってみたい。とりあえずこの店の塩煮干しとキノコベジソバをこの麺で。喜楽もこの麺で。ダメっすか。

c0315466_18410581.jpg

[PR]
by nobio2013 | 2014-04-04 14:24 | ├ラーメン一般 |
モモンガの限定ベジータブル ポ・タージュ ヌードル850円
c0315466_11110027.jpg

c0315466_11113592.jpg

c0315466_11114384.jpg

c0315466_11114746.jpg

c0315466_11115349.jpg

c0315466_11121270.jpg

c0315466_11121747.jpg

この数ヶ月、基本的に毎朝思うんですよ、ランチにモモンガの醤油ラーメンが食べたいと。それを毎日ガマンしている。そろそろいいだろう。モモンガ解禁。満を持して久々に来てみたら、店頭になんと5日間限定ラーメンの告知が。ベジータブル ポ・タージュ ヌードル。ふざけた名前だ。オレは醤油ラーメン食べに来たんだから関係ないもんね。

しかし5日間限定か。うまそうだ。鶏白湯をベースにとうもろこしとタマネギでとろみをつけ、カボチャとほうれん草のマッシュをトッピング。おおそれはつまり、篝インスパイア系ってことですか? そりゃあ食べてみるしかないだろう。というわけで、食べました。チョーうまいでやんの。才能あるんだなー。やはりモモンガは東京ラーメンシーンのトップランナー、かどうかは知らないけど、とにかく非凡なランナーだ。素晴らしい。

素人の感想:正直言って、篝の麺で食べたい。この麺は、このぽってりスープに合わせるには繊細過ぎる。トッピングはこの半量でいい。特にカボチャのマッシュが冷たくてスープが冷める。しかしそれにしてもうまい。トッピングの手数減らして750円にして継続して、ついでに内装をオシャレにしたら女性客が毎日行列作るんじゃないか(妄想)。たまたまなのかどうか、テレビが灯いてなかったのはとてもいいと思いました。代わりにラジカセか何かでJポップか何かが流れていて、それはそれで侘しい風情だったけど。それと写真見てて思い出したけど、肉がうまかったなー。なんか低温調理系の? なんか生ハムみたいな? くにゅっとした?

とにかくモモンガのベジータブル ポ・タージュ ヌードルが食べられるのは、25日までですよみなさん。
[PR]
by nobio2013 | 2014-03-22 14:14 | ├ラーメン一般 |
ひつじやのケージャンチキン600円
c0315466_21113958.jpg

c0315466_21114067.jpg

写真に写ってる以外に「ランチのパン(とオリーブオイルと塩)」が付きます。ライスはお代わり無料。何度食べても熱くてピリピリしてうまい。素晴らしい。
[PR]
by nobio2013 | 2014-03-09 21:12 | ├エイジャンなど |
ソラの肉ソバ、新しくて懐かしい、静かな衝撃。
c0315466_15493450.jpg

c0315466_15493548.jpg

c0315466_15493527.jpg

c0315466_15493445.jpg

四谷駅から徒歩6分、ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム、初訪。買った食券はソラの肉ソバ890円。女子受けよさそうな広々お洒落カフェなカウンターに、激しくミスマッチなレトロな丼。帰ってから調べたら「宮崎店主が好きだった京都の老舗 新福菜館」の味を再現してるんだそうな。醤油が濃い。アブラが少ない。低加水な感じの麺がむちゃくちゃうまい。篝の麺を細くした感じ。肉が多い。コショウが合う。

「ゆらゆら帝国のどこが新しいのか」と訊かれたジェームズ・マクニュ―が、「彼らの音楽はむしろ、古い。そこが素晴らしい。古い音楽をちゃんと自分たちのものにしている」と語ったという故事があるけれど、まさに新しくて懐かしい不思議ラーメン。スープを飲み干すと、後で喉が渇きます。

知ってる範囲では「10年くらい前に一度だけ大久保で食べたことある(その後閉店)昭和レトロ路線な店のラーメンに似てる」と思って、ただ店名が全く思い出せないのでかなり苦労してあれこれ検索して、ついにWEB上に情報をみつけた。「末廣」だ。そしたらなんと「末廣」も、「京都の老舗『新福菜館』の流れを汲むお店」だったらしい。へー。「新福菜館 末廣 ラーメン」で、わらわら情報が出てくる。当時の記憶に最も一致する記事はこれ。というか当時この記事を読んだ記憶がある。「そんなに食うなら走らんと」という名前も覚えている。

ソラノイロ ソルトアンドマッシュルームラーメン / 麹町駅半蔵門駅永田町駅
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-03-07 15:52 | ├ラーメン肉特化系 |
キッチンたかの、カキのバターソテー定食1000円
c0315466_17073459.jpg

カキの旨味が汁になって流れ出ちゃってるんだから、ソテーはフライに比べて(カキ本体からは)旨味が抜けてるはずじゃないのかと、理屈では思うんだけど、貝料理というのはそういうものじゃない。nokishita のアサリのスパゲティで、それは知っていた。べつにゴクゴク飲み干さなくても、このトロンとまとわりつくバター系(プラス醤油なのかも知れない)の旨味汁がうまい。素晴らしい満足感。ああ幸せ。もっと稼げば毎日これが食べられるわけだけど、一冬に一度でもじゅうぶん幸せだと思う。

iPhone で写真撮ろうとしたら、何故か画面に自分が写っていて困惑。苦戦の挙句自撮りモードを解除したら今度は何故か動画になっていてまた困惑。それでも戻って Mac mini につないでみたら、どうにかこうにか写真も撮れていました。言わないとわからない写真だけどこれはカキとキャベツ。右下の赤いのはベーコン。
[PR]
by nobio2013 | 2014-03-06 13:14 | ├和洋中 |
カレーライスの完成形
c0315466_16571720.jpg

c0315466_16571806.jpg

c0315466_16571795.jpg

1956年創業の有名店。インドマニアにも素人にも支持されてこその歴史だ。創業者は日本人らしい。ジュリアス・スージーさんのレビューでいま始めて知った。←面白いのでみなさんも是非読んでください。

始めて来た銀座店は上野店と違ってメニューが何冊もあり、単にカレーライスが食べたいという客にとっては面倒くさい。まあ本当は「インドカレー」に決めてたので、メニュー見るまでもないんだけど。

ここのオーソドックスなカレーは3種類あり、辛さ控えめが「デリー」、辛いのが「インド」、ウルトラ辛いのが「カシミール」。あと好きなのは「コルマ」という、辛いけど甘みがあるマトンカレー。というわけで数年ぶりにいただきましたインドカレー850円。スーパーうまい。ボキャブラリー貧困で申し訳ないけど、とにかくもうね、うまいんだわ。

今は亡きホテルパークイン新宿の「デリーグルメ」は、数十年来のデリー好きのホテルパークイン新宿の社長がデリーのオーナーに頼み込んでレシピを教わって名前の使用許可をとって始めた、言わば「姉妹店」だったけど、メニューにデリーとカシミールがあって「インド」がなかった。やっぱオレにとってのデリーは「インド」だわー、と、思いました。肉をマトンにしてみたけど、やっぱチキンにしとけばよかった。

デリー 銀座店インド料理 / 銀座駅日比谷駅内幸町駅
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-02-26 15:56 | ├カレー |
デリー亡き後、東新宿エリアのカレーではいちばん好きかも
c0315466_19404517.jpg

c0315466_19404549.jpg

c0315466_19412991.jpg

ホテルパークイン新宿の「デリーグルメ」は敢えなく数年で閉店したが、草枕は世界堂に隣接する、地震ですぐに倒壊しそうなビルの2階(狭い)から、数年前に模索舎2階(広い)に引っ越して、どうも引っ越し後、客が増えたように見えるのは御同慶の至りだ。デリーと草枕はいずれ劣らぬ名店だと思うんだけど、何が明暗を分けたのだろうか(しかもデリーグルメは自社ビルだから家賃ゼロだったはずなのに)。チキンカレー730円・ご飯普通・辛さ3番。んまいなあ。何だろう、この本物感。

curry 草枕カレー(その他) / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-02-22 19:46 | ├カレー |
異形の新発明ラーメンがごく自然なラーメンに見える摩訶不思議。
c0315466_18494156.jpg

c0315466_18495127.jpg

c0315466_18495139.jpg

c0315466_18495169.jpg

c0315466_18495222.jpg

篝の鶏白湯SOBA850円、三度目。このスープをマグカップに注いで少量のクルトンを浮かべ、クノールカップスープの新作だと言って渡したら、ほとんどの人は信じると思う。何の味だと思うか聞かれたら、僕だったらジャガイモですね。ジャガイモが入ってるかどうかは知らないが、ポテトスープっぽい味がする。大戸屋で「ポテトとコーンと季節の有機野菜のおばあちゃんのほっこりポタージュ」を頼んでこれが出て来たとしても全く違和感がない。

驚きなのはこれがラーメン屋で出て来て、ベビーコーンとか菜の花など、ラーメンとしてはかなり独創的な具を使い、ネギすら載ってなくて(伊藤ですらネギだけは入ってるのに!)、それでいてその仕上がりがラーメンとして全く違和感ないことだ。そして、ラーメンというものに常につきまとうジャンクっぽさ、ギトギト感やヌラヌラ感がない。いや、あるんだけど表に出ないということか。だから上品系ラーメンにつきまとう「物足りなさ」もない。食べてる間はむしろ優しい味に感じるが、食後の口中感で、ああ、かなり濃厚な鶏出汁だったんだ、と思う感じ。どうやって作ってるのか、製法を公開してくれないかな。食べてる人がみな無口になる。誰も胡椒を入れようとしない。麺が低加水な舌触りで太からず細からずチョー好み。



もしかすると自分はこの美味さに感動してるわけではなく、じつはこのスープはクノールカップスープとレベル的に大差なく、ただ「クノールカップスープに麺を入れるとラーメンとして違和感ないものが出来上がる」という大発見に感動しているのかも知れない、と思って、実際に作ってみました。使ったスープはセブンイレブンの「じゃがいものポタージュ」を2袋に、熱湯目分量で300cc。
c0315466_20430010.jpg
c0315466_20430129.jpg
c0315466_20430093.jpg
c0315466_20430096.jpg



使った麺はマルちゃん正麺。トッピングに茹でたブロッコリーとスナップエンドウ。
c0315466_20430047.jpg
c0315466_20430000.jpg

c0315466_20430014.jpg
c0315466_20430164.jpg
結果は惨敗だったけど、お、うまくやれば篝風に近づくんじゃないかコレ、と思わせる雰囲気はあったので、改善すべき点をチューニングし、また挑戦する予定。

今回明らかになった問題点:
・篝の麺とマルちゃん正麺じゃレベルが違い過ぎた。まるで別物。どうしたものか。
・セブンイレブンのこれはただのホワイトシチュー味。ポテトの味しない。
・だけどアオハタのレトルトのとかはちょっと違うと思うし、どうしたものか。
・2袋にお湯300ccじゃあドロドロ過ぎて、濃度もシチューみたいになってしまった。
・熱湯じゃ熱過ぎた。

銀座 篝ラーメン / 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-02-15 18:51 | ├ラーメン一般 |