カテゴリ
├ラーメン一般
├ラーメン煮干し特化系
├ラーメン肉特化系
├ラーメン九州
├ラーメン激辛系
├カレー
├うどん
├蕎麦
├スパゲティ
├和洋中
├中華
├エイジャンなど
├その他メシ
├家メシ
├メシメモ
├メシ以外のメモ

├自己紹介
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
最新の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
タグ:★★ ( 20 ) タグの人気記事
|
青島食堂 秋葉原店の青島ラーメン700円
どうもこんにちは。究極の富士そばラーメン探求者、nobioです。

「究極の富士そばラーメン探求者」とは何か、から説明します。

まず「富士そば」は、関東一円に百店舗弱を展開する立ち食いそばチェーン。創業社長は副業として演歌の作詞を手がける。で、富士そばの中にはラーメンを提供する店があり、それがつまり「富士そばラーメン」。ラーメンをやるかやらないかは、店長の裁量で決めるらしい。富士そばのFacebook(http://tinyurl.com/mqgtbv7)には「吉祥寺サンロード店・大塚店・駒沢店・新宿西口店・駒込店・王子店・経堂店・池袋店」がラーメンやってる、と書いてあるが、私の調査ではこれに加えて「新宿店」も410円でラーメンを提供している。

で、富士そばラーメンってムッチャ美味いんですよ。個人の感想ですが。ただ、茹で置きのふにゃふにゃ麺だけはさすがに物足りない。まあ星の数で採点するならみっつでしょうか。満足だけど残念だ。まあ410円なら文句言う気もないが。嗚呼しかしこの味で、まともな麺のラーメンを一度食べてみたい。チャーシューなんかゴムっぽい人造肉っぽいアレで全然構わない。麺だけでいいんだ。ああ、まともな麺で食べてみたいぜ。食べてみたいぜ。ぜ。ぜ。ぜ……。そう希う者、すなわちそれが「究極の富士そばラーメン探求者」です。

というわけで私は日常的に、究極の富士そばラーメンを探しております。食べログで言うならば、割と高評価を集めながら一方で「インパクトに欠ける」とか「旨味が薄い」とか「これが、並んでまで食うラーメンかよ」「ふつーじゃん」などの低評価レビューが散見されるような、そんなタイプのラーメン屋。そういうのを見ると「もしかしたらここに究極の富士そばラーメンがあるのかも知れない」と思うのです。

前置きが長くなりました。もしかしたら究極の富士そばラーメンかも知れない、と思い、期待してやって来ました青島食堂 秋葉原店。食べました。おいしかったです。スープは肉々しくて(ホネの出汁じゃなくて肉っぽい出汁、という意味)、その意味では「ソラの肉そば」に近い。ふわっと来るショウガの香りもイイ。「ぶわっ」じゃないですよ、軽く「ふわっ」です。富士そばラーメン的なカツオ感はゼロ。味付けは、醤油が意外に濃い。アブラも、見た目はさっぱり風だけど意外に多い。というか、表面にかなり分厚い。その結果、「ラーメンに濃厚なインパクトを求める人には物足りないであろう一方で、喜多方ラーメン坂内的なあっさりした良さもない」印象。旨味もアブラもくどい。麺はオーソドックスで小麦感があっておいしい。カウンター狭過ぎて落ち着かない。総合的には、「そこら辺にあるふつーの中華料理屋のラーメン」との違いをいまいち感じず、「富士そばラーメン、星みっつ」を、全く越えませんでした。残念。個人の感想です。写真撮るの忘れた。

青島食堂 秋葉原店ラーメン / 岩本町駅秋葉原駅馬喰町駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0



[PR]
by nobio2013 | 2015-04-28 11:49 | ├ラーメン一般 |
モモンガの醤油ラーメンの最期には立ち会うことすらできなかった。
c0315466_16173565.jpg

c0315466_16174139.jpg

悲しい。そして腹立たしい。

3月22日、久々の醤油ラーメンを求めてモモンガまで歩き、結局ベジータブル ポ・タージュ ヌードルを頼んだ。25日にも同じものを食べた。21日から25日までの限定、と書いてあったからだ。31日の月曜日、今日こそモモンガの醤油ラーメン、と決意してモモンガまで歩くと、休みだった。というか、本日スタッフ会議のため営業なし、と張り紙があり、なにやら中には人がいた。仕方なく西新宿7丁目まで歩き、麺処hachiに入った。そして今日。今日こそ久々の醤油ラーメンを、とモモンガまで歩くと、メニューから醤油ラーメンが消えていた。醤油つけ麺も、消えていた。きのうのスタッフ会議は、新年度からのリニューアルの直前研修だったらしい。新しいメニューの柱は「鶏白湯煮干しらーめん」「海老らーめん」「辛海老らーめん」、それに「海老つけめん」「辛海老つけめん」。

好きなメニューが消えることは悲しいけれど仕方がない。腹立たしいのは、それを教えてくれなかったことだ。オレは3月22日と25日、ベジータブル ポ・タージュ ヌードルを頼んだ。25日までの限定、と書いてあったからだ。しかし。じつはあのときすでに、いやもしかすると数ヶ月前から、従来のモモンガの醤油ラーメンも醤油つけ麺も30日までの限定、と決まっていたのだ。ああ腹立たしい。許さん。開店以来のメインメニューですよ。それの打ち切りが決まってたんですよ。吉野家に例えると、吉野家が牛丼やめてスパゲティ屋に転身します、というくらいのおおごとですよ。それを告知せず、ぽっと出の「ベジータブル ポ・タージュ ヌードル」が25日で終わり、ということは告知する。おかしいだろ、それ。

残念だけどもうモモンガには行かないと思う。鶏白湯煮干しらーめんは名前から感じられる通りの今ドキ感があったけど、なんだかなあ。パンチが欲しけりゃこれより凪行くし、繊細な麺が欲しけりゃ蔦行くし。「ベジータブル ポ・タージュ ヌードル」でも思ったけど、どろんと濃厚なスープにこういう繊細な麺は合わないんじゃないかなー。
[PR]
by nobio2013 | 2014-04-02 16:18 | ├ラーメン煮干し特化系 |
大阪王将の餃子定食650円
c0315466_22214225.jpg

c0315466_22214798.jpg

c0315466_22215192.jpg

この路面店はガラス張りで、ガラス張りの店って一般的には入りやすいはずなのに、ここは妙に店内が暗くて、入りにくい。でも扉を開けてみれば大丈夫です。常に善男善女でにぎわっている明るい店で、怖くない。餃子定食650円。餃子はニンニクが効き過ぎだと思うけど、まあおいしい。個人的には酢とラー油だけつけていただきます。餃子定食とは、6個の餃子と日替わり逸品ハーフサイズとごはんとスープのセット。「日替わり逸品ハーフサイズ」は(日替わりだと言うんだから日によるんだろうけど今日は)鶏の唐揚げだった。ヤングなみなさんにはいいのかも知れないが、繊細(ひ弱)な私の胃袋には多過ぎました。ごちそうさまでした。

大阪王将 新宿店餃子 / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-03-30 15:20 | ├和洋中 |
オズ骨の限定2食牛ラーメン800円
c0315466_14535282.jpg

c0315466_14535600.jpg

c0315466_14540090.jpg

c0315466_14540722.jpg

c0315466_14541091.jpg

衝撃のむろや消失から3ヶ月の時が過ぎた。あの赤いむろやの看板は今どうなっているかというと、じつは今もあの日のまま、あの場所にあるのです。ただ、「むろや」の文字だけ黒く覆われて、そこに白抜きで「オズ骨」の文字。オズボネ。いや、オズボーン。

むろやのスタッフ2人が文字通りの居抜きで始めたという中途半端なラーメン屋に、ようやく行ってきた。オジー・オズボーンのことはよく知らないが、ドアを開けると本当にヘヴィメタが流れてて笑ってしまった。当然オーソドックスな醤油ラーメンを頼むつもりだったが、「限定2食」の張り紙に負け、牛肉ラーメン(だったかな)800円。

マジかよ、というサイズ(僕のコブシよりは少し小振り)の牛肉の塊、さらに恐ろしく分厚く切ったチャーシュー、まるごとひとつ乗ったタマネギ、まるごとひとつ乗った半熟煮卵、甘みのせいでスキ焼きの味がするタプタプスープ、予想はしてたけどやっぱり苦手な多加水ムチプリ麺。すべてが大雑把で日本人離れしている。もしかしたら天才なのかも知れない。まあその、なんだ、健闘を祈る。
[PR]
by nobio2013 | 2014-03-28 14:57 | ├ラーメン一般 |
肉屋の正直な食堂のグリーンカレー600円
c0315466_20370673.jpg

おいしいけど、名前変えた方がいいと思う。グリーンカレーと言われたらタイカレーかと思うじゃん。でもこれ全然タイ式のカレーじゃないじゃん。ごちそうさまでした。
[PR]
by nobio2013 | 2014-03-21 15:38 | ├カレー |
肉屋の正直な食堂の豚生姜焼き600円
c0315466_15462872.jpg

c0315466_15462853.jpg

c0315466_15462815.jpg

ごちそうさまでした。
[PR]
by nobio2013 | 2014-03-19 15:47 | ├和洋中 |
ティン・フックのタイカレー550円
c0315466_13133451.jpg

c0315466_13133842.jpg

まあまあ。やっぱこの店はタイカレーかグリーンカレーだと思う。
[PR]
by nobio2013 | 2014-03-15 15:12 | ├エイジャンなど |
丸亀製麺のかけうどんに春菊と小エビのかき揚げ
c0315466_22390797.jpg

かけうどん280円、春菊と小エビのかき揚げ130円で合わせて410円。春菊とエビは合わないような気がしたけど、つい見た目で選んでしまった。つまり、味は合わないとしても色の組み合わせはいい。
[PR]
by nobio2013 | 2014-03-11 17:37 | ├うどん |
一般人は「麺少なめで」を忘れずに
c0315466_21361533.jpg

c0315466_19042369.jpg

c0315466_19042307.jpg

らーめん550円。麺が多い。多過ぎる。たぶん300グラム超。多ければ多いほど好ましいと考える人には自信をもってお勧めできる。小食の自覚がある方は「麺少なめで」と頼むべき。「麺半分で」でも結果は同じです。今日はそれを忘れて、しかも完食したので後悔している。ああ苦しい。茹で上りの早さを見ても食べ終わる頃にはヨタってくる感じからも低加水に間違いないと思うけど、その割に舌触りがなめらかな、不思議な不揃い平打ち麺。多加水ムチプリ麺を期待する人にはお勧めできないが、僕は好き。

スープは喜多方ラーメンっぽい透明醤油で、味の素多めな感じ。もともとどこかぼやけた味なんだが、悪いことに湯切りの甘さと麺投入後のシャッフル不足と麺の特性が相まって、麺玉中心部がぼやっとお湯っぽい。

メラニン樹脂主体の内装は殺風景で、さらに大将も2名の女性スタッフも全員じつに陰気な表情で居心地悪い。あと、夏に半袖半ズボンとかで入るとあまりの冷房のキツさに死にそうになります。冷房弱くしてくれないかと丁重にお願いしたところ、これ以上弱くできないと言って拒否されたことがある。あれは驚いたぜ。それでも年に一度くらいは行きたくなる。理由は自分でもよくわからない。

佐高つけ麺 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-03-10 19:08 | ├ラーメン一般 |
やる気なさそうなランチタイム
c0315466_17091081.jpg

c0315466_17091007.jpg

c0315466_17091118.jpg

c0315466_17091084.jpg

altoto(アルトト)は下北沢の有名なカレー屋の二号店らしい。シャレオツな外観から、ランチタイムは素敵なOLさんたちのさざめきに満ちた空間が広がっているんだろうと勝手に思ってたら、平日の1時ちょっと前に入って先客が1組だけなことにまず驚いた。ガラガラ。そして暇そうな店員たちは誰も、オレに気付いてくれなかった。まあそれはタイミングの問題でたまたまか。

カレーバイキング1000円。カレーが3種あって、どれもぬるい。「タンドリーチキン」と、たしか書いてあったのはカピカピの哀れな唐揚げ。と悪口書いてますが、広くて天井高くて気持ちよく、カレー以外のお惣菜も豊富で、そっちはけっこう気に入った。特にカボチャ、ピーマン、レンコンなんかの「旬菜の黒酢マリネ」は好き。これとご飯とスープで650円とか、出してくれないかしら。それだったら通いたい。

アルトト 新宿御苑前店欧風カレー / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅新宿三丁目駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-02-27 14:08 | ├カレー |