カテゴリ
├ラーメン一般
├ラーメン煮干し特化系
├ラーメン肉特化系
├ラーメン九州
├ラーメン激辛系
├カレー
├うどん
├蕎麦
├スパゲティ
├和洋中
├中華
├エイジャンなど
├その他メシ
├家メシ
├メシメモ
├メシ以外のメモ

├自己紹介
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
最新の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
タグ:新宿 ( 101 ) タグの人気記事
|
オリジン弁当ランチ
20160118_221321

ここ数ヶ月、ランチはほぼ毎日、オリジン弁当で買うお惣菜と小ライス(150グラム)。を、買ったパックのまま食べてたんだけど、今日無印良品で見た木の大皿が気に入って衝動買いしてしまった。フィリピン製で、木はアカシアで、生木に見えるんだけどラッカー塗装仕上げだと書いてある。直径28センチ、1500円。さらに100均でプラスチックのお椀とランチョンマットを購入。ランチョンマットってどんなにお洒落なの買っても、汚れるんだよねえ。お洒落なランチョンマットが醤油で汚れていくのは悲しい。なのでビニール製にしてみました。正確にはポリ塩化ビニル70%、ポリエステル30%。

右上:生芋こんにゃくのピリ辛炒め煮(というのがオリジン弁当でのオフィシャルな名前なんだけど、実感としてはこんにゃくあんまり関係ない。写ってるのは厚揚げと青唐辛子。この厚揚げがうまいんですよ)。その下:豚と大根と卵の煮物(これ卵も美味いんだけど今回卵は入ってない。豚と大根が美味い)。その左下:ローストビーフ(とブロッコリ)のサラダ。その左:ポテトサラダ。その左上:合鴨スモークとトマトのサラダ。これ美味い。中央の木のお椀の中:海老とブロッコリー(と卵)のサラダ。これだけお椀に入れたのは特に意味ない(が、たぶんオリジンお惣菜最人気メニュー)。メシ茶碗の左上のお椀:空。単に見た目で賑やかしに置いてみた。オリジンはブロッコリ率が高過ぎる。ザワークラウトとか、カリフラワーとキュウリのピクルスとか出してくんないかな。写真にマウスを入れたことは後悔している。

[PR]
by nobio2013 | 2016-01-18 23:53 | ├家メシ |
新宿中村屋の「純印度式カリー」で水丸さんを偲ぶ
c0315466_22425825.jpg

c0315466_22424993.jpg

c0315466_22420089.jpg

c0315466_22414631.jpg

c0315466_22413341.jpg

ヨメにつき合って新宿で「寄生獣」後編を観る。なぜ寄生獣かというと、彼女はこの1年ばかり、阿部サダヲにハマってるのです。キムタクやヨン様や羽生結弦はわかるけどなんで阿部サダヲなのよ、イカした怪優なら他にいろいろいるじゃん、手塚とおるとか松尾スズキとか田中哲司とか、いやまあそんなことはどうでもいいですね。

◆◆

以前何かの雑誌の、有名人が一推しのカレー屋を語る企画で、安西水丸さんが挙げてたのが新宿中村屋だった。もっと通っぽい店をいくらも知ってるだろうに敢えて選ぶ食堂のカレー。さすがモテる男の絶妙のチョイスだわ、と思った記憶がある。だが、食べたことはなかった。食堂のカレーなら松屋でじゅうぶんうまいぜ、と思っていた。だが、私が間違っていたようだ。初めて食った中村屋のカレー、なにこれ、めちゃくちゃうめーじゃん。

こんな純日本式カレーがよりによって「純印度式」を名乗るって無いわー、とは思うけど、別にそんなものを期待しなけりゃ、これはこれで充分、というかチョーうまい。公開されてるレシピ読んでも特別変わったところはないけど、なんなんだろう。

薬味は玉ねぎのアチャールって言うんですか、あれと、キュウリのピクルスと、ラッキョの3点セットが人数分出て来て、プラス、マンゴーチャツネとレモンチャツネと粉チーズの3点セットがテーブルに並ぶ。全部おいしい。特にピクルスのシャクシャクパリッとした噛み応えは、30年前に代官山のシャレオツなオープンカフェでサンドイッチ食べた時に出て来たピクルス以来の絶品だ、デリーのしなしなピクルスなんか比べ物にならん、と思ったけど、ヨメの意見は「べつにふつーのピクルスじゃん」でした。

ヨメは「コールマンカリー」。色は違うけど味の違いはよくわかりませんでした。とにかくふざけた値段以外は大満足。「ライスとマンゴーチャツネとピクルスのセット」を400円で出してくれるなら週3で通うんだけど。いや、500円でもいいから。

Mannaカレーライス / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅
夜総合点★★★★ 4.0


[PR]
by nobio2013 | 2015-05-06 22:46 | ├カレー |
どこにでもあるようで、どこにもない昭和のラーメン。
c0315466_22203020.jpg

c0315466_22425417.jpg

c0315466_22430151.jpg

c0315466_22430599.jpg

新宿の、明治通りと靖国通りの交差点に、富士そばが2軒ある。交差点東北カド(マルイメンズ館となり)に一軒、その斜向い、の路地一本裏、伊勢丹の背中にへばりつくようにもう一軒。前者は比較的きれいで広くて活気がある店舗で、富士そば的には「三光町店」と呼ぶらしい。後者は比較的狭くて清潔感がなくて活気がない店舗で、富士そば的には「新宿店」だ。この新宿店が、ラーメン(410円)をやっている。富士そばのFacebook(http://tinyurl.com/mqgtbv7)によると他にも「吉祥寺サンロード店・大塚店・駒沢店・新宿西口店・駒込店・王子店・経堂店・池袋店」がラーメンやってる。

◆◆

去年だったかおととしか、富士そばのラーメンを初めて食べたとき、あまりの美味さに目を見張った、なんてことは全然ない。へー、意外にうまいじゃん、みたいな感じだった。

個人的に、平凡な中華屋のラーメン汁のことを「チャーハンスープ」と呼んでるのですが、富士そばラーメンを簡単に説明すると、「チャーハンスープとカツオ出汁のあっさりミックス」です。チャーハンスープ部分はもしかすると、鶏ガラ由来のアミノ酸成分だとか豚肉エキスだとかいったケミカルなものかも知れない。小学生の頃スキー場とか海の家とか、母の実家の近所のおでん屋とか、日光中禅寺湖のほとりの土産物屋の二階の食堂とか、高校時代の学食とか、なんかそんな場所でよく食べたような気がする、どこにでもあるようなB級昭和ラーメン。

いまどきメインストリームの濃厚魚介豚骨でもなく、家系みたいな動物系こってりでもなく、喜多方ラーメン坂内とか神田味の関所丸高みたいな「いまどき流行らない動物系あっさり」でもなく、蔦みたいな「奥行きとコクと濃い旨味がある端麗系」ともぜんぜん違う。こんなものどこにでもあると思ったんだが、しかし、ないんですよ。どこにも。

王将にも、大阪王将にも、日高屋にもない。もしかするとスキー場とか母の実家の近所のおでん屋とか観光地の土産物屋の二階とかには今もあるのかも知れないけど、確かめてないからわからない。そう言えば子供の頃(40年前)にはデパートの8階とかに「家族向け食堂」みたいな、後のファミレスの源流のような、お子様ランチもカレーもハヤシもオムライスもカツ丼もハンバーグもチャーハンもあるような食券制の食堂があったもんだけど、そういうところのラーメンがこんな味だったような気も、しないでもない。書いてるうちに思い出したけど、そう言えば鮫洲の運転免許試験場のショボイ食堂の鑞のサンプルに、こんな感じのラーメンがあったような気も、しないでもない。まあとにかく現在の私の生活圏では、富士そば以外でこのラーメンは発見できていない。リピートしてるうちにいつの間にか、熱烈なファンになっていた。

少し食べ進んだ頃に初めて胡椒を振る。うまい。さらに一口食べてまた振る。また一口食べてまた振る。最後にはかなりスパイシーなスープになって、これがもう絶妙に美味い。あと、いまどき珍しい白いゆで卵(あ、家系には割とあるのかな?)半個。味付け半熟煮卵はラーメンにボリューム感を加えるものだが、白くて冷たいただの固ゆで卵は、ボリューム感とともにさっぱり感をもたらす。そこも好き。あと、ワカメ。ここのかけそばを食べるといつも「そばにワカメなんて要らねーよ」と思うんだが、このラーメンには合う。あと、ねぎ。かけそばのネギには特にありがたみを感じたことないんだけど、このラーメンには積極的に合う。チャーシューはゴムみたいな人造肉みたいな吉野家の牛鮭定食のシャケみたいなジャンク感だけど、まあこれはこれでうまいかも。

というわけで「気分は完全に五つ星」なんですが、ふにゃふにゃ茹で置き麺だけはさすがに残念なので、みっつにしときます。しかし美味いねマジで。(写真は新宿店と経堂店が混ざっちゃってるかも。すみません。味は同じです。あらためて写真見て、けっこう鰹節粉使ってることに気付いた)

名代 富士そば 新宿店そば(蕎麦) / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0


[PR]
by nobio2013 | 2015-05-04 22:55 | ├ラーメン一般 |
ひつじやのスペアリブとシシカバブのセット630円
c0315466_16093754.jpg

久しぶりのひつじや。スペアリブは肉の量にアタリハズレがあるけど、今日も当たり。おいしいー。
[PR]
by nobio2013 | 2014-04-06 15:12 |
魚角のアジフライ定食750円
イワシの定食がなくなってしまった。魚角のアジフライはまあまあうまい。
[PR]
by nobio2013 | 2014-04-05 15:10 | ├和洋中 |
ヒマリのレバニラ炒め600円
c0315466_18351506.jpg

ラーメン食べたい気持ちをぐっとこらえて、今日はヒマリへ。
[PR]
by nobio2013 | 2014-04-03 15:59 | ├和洋中 |
モモンガの醤油ラーメンの最期には立ち会うことすらできなかった。
c0315466_16173565.jpg

c0315466_16174139.jpg

悲しい。そして腹立たしい。

3月22日、久々の醤油ラーメンを求めてモモンガまで歩き、結局ベジータブル ポ・タージュ ヌードルを頼んだ。25日にも同じものを食べた。21日から25日までの限定、と書いてあったからだ。31日の月曜日、今日こそモモンガの醤油ラーメン、と決意してモモンガまで歩くと、休みだった。というか、本日スタッフ会議のため営業なし、と張り紙があり、なにやら中には人がいた。仕方なく西新宿7丁目まで歩き、麺処hachiに入った。そして今日。今日こそ久々の醤油ラーメンを、とモモンガまで歩くと、メニューから醤油ラーメンが消えていた。醤油つけ麺も、消えていた。きのうのスタッフ会議は、新年度からのリニューアルの直前研修だったらしい。新しいメニューの柱は「鶏白湯煮干しらーめん」「海老らーめん」「辛海老らーめん」、それに「海老つけめん」「辛海老つけめん」。

好きなメニューが消えることは悲しいけれど仕方がない。腹立たしいのは、それを教えてくれなかったことだ。オレは3月22日と25日、ベジータブル ポ・タージュ ヌードルを頼んだ。25日までの限定、と書いてあったからだ。しかし。じつはあのときすでに、いやもしかすると数ヶ月前から、従来のモモンガの醤油ラーメンも醤油つけ麺も30日までの限定、と決まっていたのだ。ああ腹立たしい。許さん。開店以来のメインメニューですよ。それの打ち切りが決まってたんですよ。吉野家に例えると、吉野家が牛丼やめてスパゲティ屋に転身します、というくらいのおおごとですよ。それを告知せず、ぽっと出の「ベジータブル ポ・タージュ ヌードル」が25日で終わり、ということは告知する。おかしいだろ、それ。

残念だけどもうモモンガには行かないと思う。鶏白湯煮干しらーめんは名前から感じられる通りの今ドキ感があったけど、なんだかなあ。パンチが欲しけりゃこれより凪行くし、繊細な麺が欲しけりゃ蔦行くし。「ベジータブル ポ・タージュ ヌードル」でも思ったけど、どろんと濃厚なスープにこういう繊細な麺は合わないんじゃないかなー。
[PR]
by nobio2013 | 2014-04-02 16:18 | ├ラーメン煮干し特化系 |
背脂煮干ラーメンの最期
c0315466_16113684.jpg

c0315466_16114088.jpg

c0315466_16114796.jpg

この店は2度目。数年前に濃菜醤油ラーメンというのを食べて、その時はいまいち素晴らしさがわからなかった。今日もそれにしようと思ってたけど、背脂煮干しラーメンは3月一杯で終了です、の張り紙が。3月一杯? 今日がラストじゃん。そりゃ頼むでしょ。

場所は西新宿八丁目。つまり凪のすぐ近く。職場から西新宿八丁目までは、徒歩で30分かかる。凪は僕にとって至高である。せっかく30分も歩いたなら、当然凪に行きたい。ここまで来て別の店に入る場合、「凪をあきらめてまで来た以上はそれなりのもんを食わせてもらわんと承知できひんで」と、どうしても要求水準が上がってしまう。この、店にとっては全く不条理なハードルを乗り越えて、背脂煮干しラーメンは健闘した。素晴らしい。名前から想像する通りの味。

素晴らしいのではあるが、ただ、ここもまた麺が独特で。。。太くて固くて平べったい。おいしいんだけど、どうしてみなさんいちいち麺に個性を求めるのか。いやもちろん求めるのは自由なんだけど、僕はオーソドックスな麺が好きなのでいまいち乗れない。

しかし写真見てるとこの店の限定メニューはそそりますね。特にカブとか、冬野菜のが。

麺処hachiラーメン / 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-03-31 16:11 | ├ラーメン一般 |
大阪王将の餃子定食650円
c0315466_22214225.jpg

c0315466_22214798.jpg

c0315466_22215192.jpg

この路面店はガラス張りで、ガラス張りの店って一般的には入りやすいはずなのに、ここは妙に店内が暗くて、入りにくい。でも扉を開けてみれば大丈夫です。常に善男善女でにぎわっている明るい店で、怖くない。餃子定食650円。餃子はニンニクが効き過ぎだと思うけど、まあおいしい。個人的には酢とラー油だけつけていただきます。餃子定食とは、6個の餃子と日替わり逸品ハーフサイズとごはんとスープのセット。「日替わり逸品ハーフサイズ」は(日替わりだと言うんだから日によるんだろうけど今日は)鶏の唐揚げだった。ヤングなみなさんにはいいのかも知れないが、繊細(ひ弱)な私の胃袋には多過ぎました。ごちそうさまでした。

大阪王将 新宿店餃子 / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-03-30 15:20 | ├和洋中 |
オズ骨の限定2食牛ラーメン800円
c0315466_14535282.jpg

c0315466_14535600.jpg

c0315466_14540090.jpg

c0315466_14540722.jpg

c0315466_14541091.jpg

衝撃のむろや消失から3ヶ月の時が過ぎた。あの赤いむろやの看板は今どうなっているかというと、じつは今もあの日のまま、あの場所にあるのです。ただ、「むろや」の文字だけ黒く覆われて、そこに白抜きで「オズ骨」の文字。オズボネ。いや、オズボーン。

むろやのスタッフ2人が文字通りの居抜きで始めたという中途半端なラーメン屋に、ようやく行ってきた。オジー・オズボーンのことはよく知らないが、ドアを開けると本当にヘヴィメタが流れてて笑ってしまった。当然オーソドックスな醤油ラーメンを頼むつもりだったが、「限定2食」の張り紙に負け、牛肉ラーメン(だったかな)800円。

マジかよ、というサイズ(僕のコブシよりは少し小振り)の牛肉の塊、さらに恐ろしく分厚く切ったチャーシュー、まるごとひとつ乗ったタマネギ、まるごとひとつ乗った半熟煮卵、甘みのせいでスキ焼きの味がするタプタプスープ、予想はしてたけどやっぱり苦手な多加水ムチプリ麺。すべてが大雑把で日本人離れしている。もしかしたら天才なのかも知れない。まあその、なんだ、健闘を祈る。
[PR]
by nobio2013 | 2014-03-28 14:57 | ├ラーメン一般 |