カテゴリ
├ラーメン一般
├ラーメン煮干し特化系
├ラーメン肉特化系
├ラーメン九州
├ラーメン激辛系
├カレー
├うどん
├蕎麦
├スパゲティ
├和洋中
├中華
├エイジャンなど
├その他メシ
├家メシ
├メシメモ
├メシ以外のメモ

├自己紹介
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
最新の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
タグ:麹町 ( 4 ) タグの人気記事
|
人生二度目のソラの肉ソバ890円
c0315466_18264198.jpg

c0315466_18264592.jpg

c0315466_18264922.jpg

二度目にして思うこと:このスープはそんなにおいしくない。不味くもないけど。肉もまあ、おいしいけど、どうでもいい。しかしこの麺が。もう。メチャクチャうまい。というか好き。低加水っぽいけど極端な低加水ではなく。若干細めだけど極端に細くはなく。素晴らしい小麦粉感。ああもう世界中のラーメンをこの麺で食ってみたい。とりあえずこの店の塩煮干しとキノコベジソバをこの麺で。喜楽もこの麺で。ダメっすか。

c0315466_18410581.jpg

[PR]
by nobio2013 | 2014-04-04 14:24 | ├ラーメン一般 |
センスがいいとは思うけど
c0315466_17044573.jpg

c0315466_17044865.jpg

c0315466_17045295.jpg

c0315466_17045771.jpg

c0315466_17050293.jpg

「食べる野菜」100円。コールスローを予想してたら、「食べる野菜はラッカセイだけど、熱いのと冷たいのとどっちにするか」と言う。茹で落花生かあ、変わってるなあ、と思いつつ「熱いの」を頼むと、なんと、ラタトューユが出てきた。本場式の発音なのか、「ラットゥーユ」が聞き取れなかった。トマトと黄色いピーマンと、ナスか、あるいはズッキーニか。えっ? これ100円でいいの? マジ? オレこれとライスのセットで300円とかだったら週3回のペースで通うわー。うまいうまい。

食べ終わった頃に中華ソバ750円登場。スープを一口すすると、うまいっ。モモンガと似たタイプの端麗系に、おお、微かに渋谷気楽の味が。ネギ油の甘みだ。能書きによると「ニンニクと長ネギとタマネギとエシャロットを揚げたラード」と「鶏油」を1対1で割った油、だそう。ミルでガリガリやる胡椒がまた鮮烈で素晴らしい。

まあしかし麺が。変わってる。固くて弾力に乏しくて白っぽくて、断面が四角いような丸いような楕円のような……卵の白身が入ってるとのこと。未知の食感。この店の大将は何が何でも独自の「ちょっと独特な」工夫を麺に施さないと死んでしまう病気か何かなのだろうか。

1)ソルトアンドマッシュルームの肉そば
2)ソルトアンドマッシュルームの塩煮干し
3)ここの中華ソバ
とソラノイロ3杯めだけど、ああ、お願い。全部1の麺で食べさせてー。

ソラノイロラーメン / 麹町駅半蔵門駅永田町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-03-29 17:09 | ├ラーメン一般 |
ソラノイロの塩煮干ソバ790円
c0315466_16012121.jpg

c0315466_16012245.jpg

c0315466_16012213.jpg

煮干と昆布と貝と椎茸と干しえびとさば節とみりんを使ってるというスープは、凪や伊藤の、とにかく煮干の旨味を絞り出して凝縮して煮詰めてブーストしてターボチャージしてお前らの味蕾を破壊してやるから覚悟しとけよ、という感じとは全く違い、見た目も味も経堂「はら匠」の端麗塩ラーメン(鶏ガラと昆布と椎茸だと言ってた)に印象が重なる澄み切った上品スープ。煮干だと言われなければ煮干だと(僕には)わからないと思う。つか、言われても煮干っぽさを感じない。オイリーだけど凄くうまい。トッピングのアオサの香りは合うような合わないような、よくわからないけどなかなか鮮烈で、これはこれでおいしい匂い。でも平打ち麺が・・・変わってる。

悪くはないけど、準強力粉に卵白をアレしてカリウムかん水ナンチャラで、という能書きを読むと、凝ってるのもわかるけど、きのう「ソラの肉ソバ」のオーソドックスな麺に感動した後だけに、どうしてこんな個性的な麺にしなきゃいかんのだ、と、釈然としない。きのうのあの麺で食わせてくれ、ああ頼む、あれは本当に旨かった。(ちなみに「はら匠」の端麗塩ラーメンの麺は針金的な硬さがある変わった麺で、それはそれでやはり釈然としないのである)

そういえば特筆すべきことを忘れていた。この店でかかってる音楽は、変わってる。具体的には

・歌詞の意味がよくわからない男声ボーカル
・ダルそう、かつ告発調の歌い方
・ポスト・ロックっていうんですか、スカスカの音と単調なメロディー
・一曲が無闇に長い

という感じ。きのうも今日も2時頃来たけど、きのうも今日も同じことを思った。どういうつもりなのかわからないけど、ちょっと面白い。誰の趣味なのか。今日かかってた曲はレゲエのリズムで「大変だけど 楽しいぜー 変わった暮らシー・デモークラシー」という歌詞だった。食事のBGMとして合うか合わないかと言ったら、まったく合わない。
[PR]
by nobio2013 | 2014-03-08 16:08 | ├ラーメン一般 |
ソラの肉ソバ、新しくて懐かしい、静かな衝撃。
c0315466_15493450.jpg

c0315466_15493548.jpg

c0315466_15493527.jpg

c0315466_15493445.jpg

四谷駅から徒歩6分、ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム、初訪。買った食券はソラの肉ソバ890円。女子受けよさそうな広々お洒落カフェなカウンターに、激しくミスマッチなレトロな丼。帰ってから調べたら「宮崎店主が好きだった京都の老舗 新福菜館」の味を再現してるんだそうな。醤油が濃い。アブラが少ない。低加水な感じの麺がむちゃくちゃうまい。篝の麺を細くした感じ。肉が多い。コショウが合う。

「ゆらゆら帝国のどこが新しいのか」と訊かれたジェームズ・マクニュ―が、「彼らの音楽はむしろ、古い。そこが素晴らしい。古い音楽をちゃんと自分たちのものにしている」と語ったという故事があるけれど、まさに新しくて懐かしい不思議ラーメン。スープを飲み干すと、後で喉が渇きます。

知ってる範囲では「10年くらい前に一度だけ大久保で食べたことある(その後閉店)昭和レトロ路線な店のラーメンに似てる」と思って、ただ店名が全く思い出せないのでかなり苦労してあれこれ検索して、ついにWEB上に情報をみつけた。「末廣」だ。そしたらなんと「末廣」も、「京都の老舗『新福菜館』の流れを汲むお店」だったらしい。へー。「新福菜館 末廣 ラーメン」で、わらわら情報が出てくる。当時の記憶に最も一致する記事はこれ。というか当時この記事を読んだ記憶がある。「そんなに食うなら走らんと」という名前も覚えている。

ソラノイロ ソルトアンドマッシュルームラーメン / 麹町駅半蔵門駅永田町駅
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
by nobio2013 | 2014-03-07 15:52 | ├ラーメン肉特化系 |