カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
最新の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
モモンガの期間限定担々麺
じつはブログのタイトルは「モモンガ記録室」にしようかと思ってたぐらい、最近モモンガにハマってるケイティ・ペリーです、どうも。基本的に2日続けてラーメンなんてことは滅多にしないのですが、新ブログ開始のテンションで行ってしまいました。この店はほんとうに凄い店だと思うんだけど、まあ、おいおい。今日はジンジャーヌードルを撮影したくて行ったんですが材料切れということで、初めての「期間限定 担々麺」800円に。

c0315466_21605.jpg

c0315466_2182386.jpg

c0315466_2184814.jpg

モモンガのラーメンは何を頼んでも何かしらの驚きがある。この担々麺にもあった。しかし説明できない。なんか変わってるんだよなあ。うまい。ちなみにぜんぜん辛くないです。酸っぱくもない。山椒のシビれる感じもない。「ラー油をかけて挽肉をのせた普通のラーメン」でしょうか。でも普通じゃない。なんか変わってて、そこに惹かれる。乗ってる葉ものはチンゲンサイ。黄色いのはユズ。麺は多加水で細めでスルスルした感じの、巣鴨「蔦」と同系統な感じ。聞いてみたら「開店当初と同じ麺」だそうだ。どういうことかというと、モモンガ(2012年1月「店名のない店」としてオープン、3月からモモンガとして営業)はこの夏、ラーメン(醤油ラーメンと塩ラーメン)の麺を低加水な全粒粉な感じの麺に変えたんですね。でもこの担々麺はその新麺ではなく、開店当初の旧麺だと。なるほど。今のところモモンガの麺について把握できたことをまとめると

・醤油ラーメンと塩ラーメン:低加水全粒粉っぽい灰色細め正方形ストレートぽくぽく麺
・醤油つけ麺と担々麺:開店当初から続く多加水細め正方形ストレートするする麺
・ジンジャーヌードル:謎のセクシー平打ち太めチュルンとろん麺

ということです。ごちそうさまでした。トイレの近くに座ると芳香剤の臭いが悲しいので、離れた位置に座るの推奨です。トイレの芳香剤の臭いが店内に漂う店だなんて最低だ行きたくない、と思うでしょうが、いやいやいやこの店はいくつかの欠点を差し置いても凄い店なんですよいやほんと。トイレから離れた位置に座れば全然無問題ですから。
[PR]
by nobio2013 | 2013-12-08 20:52 | ├ラーメン一般 |