カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
最新の記事
お気に入りブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
5年前の米(疑似バスマティライス)
20160303_113649

えーっと、東北で大きな地震があったでしょ。2011年3月11日。あの後、なんとなく日本全体がサバイバルモードだったせいだと思うけど、親戚がお米を送ってくれたんです。5キロを2袋。ところがそれからしばらくして、ツルちゃんが「炭水化物抜きダイエット」なるものにハマって、「自分が食べないのにごはん炊くのは苦痛だからもう炊かない」と宣言。それから5年、私は「サトウのごはん」を食べて生きてきた。

2016年2月、何故かいきなり料理をするようになったオレは台所のミステリーゾーンの検分に着手し、10年前の醤油だとか何故か10本買い置きしてあるジップロックだとか嫌いで使ってないのにとってある謎の皿とかを片っ端から白日の下に曝し、で、その過程で、「5年前の米5キロ×2袋」が出てきた。炊いてみるとパサパサで、食えたもんじゃない。ツルちゃんはもう捨てようって言うんだが、ばかもんそんなことができるか。

いろいろ試した結果、みりん大さじ1とオリーブオイル小さじ1/2を垂らしてから炊くとけっこうマシになる、ということがわかった。パラパラ感は変わらないがパサパサ感が大幅に緩和され、結果として、まるでバスマティライスみたいな食感になる。けっこう積極的にうまい。5年前の米はただでさえ黄ばんでるんだが、10年前のみりんを入れて炊くとさらに茶色くなって玄米みたいな色になる(後期:6月4日、5年古米10キロを消費し終わり、残る懸案は10年古米4キロとなった)。

右上は自作じゃなくて、小田急OXで買ったドイツ製のザワークラウト。左は韓国海苔。

[PR]
by nobio2013 | 2016-03-03 23:05 | ├家メシ |